PL法対策していますか?
製造物責任法(PL法)とは? 製造物責任法(PL法)とは製品の欠陥により、人の生命・身体・財産に被害を受けた場合、製品を製造または加工したメーカーなどに損害賠償を求めることができるという法律です。

※この法律でいう欠陥とは、製造物が通常有すべき安全性を欠いていることを指します。
普段、私たちが横断している道路や階段・ホールなどで、“滑り”による横転事故は歩行面の管理者が責任者となります。

歩行面の管理者責任様々な歩行面(道路・階段・浴槽・ホール・タイル・広場など)で、転倒事故が発生した場合、その管理者は1,000万円以上の管理責任を問われるケースもあります。


参考判例
・ 札幌地裁平成11年11月17日判決 スーパーの屋外の階段が凍りついていたため起きた転倒事故
・ 福島地裁郡山支部平成7年7月25日判決 家具店での家具の転倒事故
・ 大阪高等裁判所平成13年7月31日判決 コンビニエンスストア店内での転倒事故
PL法対策していますか?普段、人々が集まる場所や作業する場所、階段などは横転事故の危険性があります。

日常、起こりうる事故に備えて、SLIP OUTの[滑り止め施工]をご利用されてみてはいかがでしょうか?

お客様だけでなく従業員のことも考慮して、滑り止め施工を考えてみてはいかがでしょうか?

転倒事故の防止につながります。