SUBERANAI BLOG すべらないブログ

こんな呆れた話は初めてのこと!! 

  汚したのか?汚れが落ちたのか?? その2

 現場を視察した後、H氏に電話し、ビル側の補修要請の内容と、H氏が所属するK社の対応方針を聞いた上で検討する事にしました。

 H氏の説明を簡略し紹介すると・・・・・

 この商業ビルは10階建で、3~5階に出店しているA社と管理契約をしている。当日は、A社の清掃日でワックスの塗布作業中であった。ワックス塗布の前に剥離洗浄し、洗浄後の回収した汚水を持ち出し、作業車に積み込む途上、1階に一箇所設置されている階段でバランスを崩し、回収タンクの汚水の少量を、階段の下部の床に落としてしまった。慌てて落とした汚水を拭き取ったら、床が大理石であった為、その部分が白く変色した。大変な事になった!と慌てた清掃責任者は、階段の下部全体を洗浄した。その結果、床は綺麗になったが、光沢が無くなってしまった。・・・この一部始終を見ていた1階の清掃会社の清掃担当(高齢のおばさん)が、所属する清掃会社の社長に『床の光沢が無くなった。』と報告。・・・報告を受けたその清掃会社の社長がとった行動が不可解。・・・現場を訪れた時に、知人の設計会社の方と、石材屋さんを連れてきた。・・その清掃会社社長曰く、『大理石は、洗剤なんかで洗ったら駄目。だから弊社はいつも水洗いだけさせている。もうどうしようないなぁ、この石張り替えるしかない。』・・・石材屋、設計会社の方も張り替える事にウンウンと同意。・・・もっと不可解なのは、ビルのオーナーでなく何故、この3名が床の張替えを主張するのか・・です。張替えとなると、コストの問題だけでなく、ビルの他のテナントさんにも迷惑をかける事になるので、『光沢を戻す為に床を研磨させていただきます。』と言ったら、『ロケーションが変わるといやらしいから、ついでに上段の床面も研磨してくれ。』と言われた。・・・それは最もだと思い、床の上段、下段合わせて研磨する事に社内決定しました。

 ここまでのH氏の話で、事の経緯が理解できました。不可解な事は以降にも多く発生する今回のテーマですが、取り合えずこの段階における私の正直な見解を述べたいと思います。私も実際に現場を視察していますので、ハッキリと物申すならば、・・・大人気ない。(エー加減にしいや)同じ関西人として恥ずかしいですワ。この一言です。取って付けた様な屁理屈には呆れてしまいます。

 化学的に分析すると、現場に敷設されている大理石は、○○○ー○と言い、一般的に脆いと言われているポテチーノより更に脆い組成で構成?されています。特徴の1つとして磨耗し易い。更にこの大理石の殆どの成分は、炭酸カルシウムで、アルカリ性の性質であり、ワックス剥離剤の希釈液(アルカリ性)では基本的に変色する程反応するとは考えにくい。(PH13の洗剤を塗って確認済。変化なし。)

 次に経験則で言いますと、汚れの定着した床(タイル、石等)をそのままバフィングしていくと艶が出てきます。ドロ団子も長く手で擦っていくと艶が出てきて、床の間に飾っている人もいるくらいです。聡明な皆さんは、この時点で前回何故、私がH氏を気の毒に思ったのかお分かりになった・・・と思います。

 全てを理解した上で、何故H氏、また所属のK社が大理石の研磨を決定したのか?次回で掻い摘み?書いてみます。

次回へ

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ