SUBERANAI BLOG すべらないブログ

なんで人は滑るのでしょうか???

            滑りの条件???について

 ある方からの電話の中で、お客様への滑りの説明トークとして、もう少し踏み込んだ話をしたいので、ブログに書いてほしい旨依頼をうけましたので今回のテーマとしました。こう言うご依頼は歓迎です。奥の深いテーマなんで少しだけ触れてみたいと思います。その為には、まず何故に滑るのかを知っておかないと短絡的な説明になるので以下に簡単に記したいと思います。内藤的な見解で言えば滑りは大きく分けて3つのファクターの構成により発生すると考えます。①床②歩行③環境とその汚れ要素の3つです。

 ①の床については、その素材(硬軟、吸水性等)、形状(磨き、凹凸等)と敷設条件(例・室内外、勾配、階段、浴場、プールサイド等)により異なります。床には磨耗により滑りを発生させるもの、又反対に磨耗により偶然に滑りを抑制するもの、あるいは凝灰石(十和田石、伊豆若草石等)、モルタル等の吸水性が高く、本来滑りにくい筈の床も、油脂成分を含む汚れを吸い込み床内の毛細管を塞いでしまう(目詰まり)と滑りを発生させる床に変身します。

 ②の歩行についての滑りは、その条件により異なります。裸足で歩く、何かを履いて歩く、普通に歩く、急ぎ足、小走り、走る、手荷物を持って歩く、急ぐ、お酒が入ったり、体調が悪かったり、考え事をしてたり、水溜りを飛び越えたり等々、書き並べ切れない程の条件の中で歩行します。又歩行は年齢、運動能力に影響をうけることもあります。通常、歩行している時、体のバランスは無意識の中で保たれています。そこに一瞬滑りを感じた時、体に緊張が走りますね。転倒を回避する為には、ある程度の若さと運動能力が・・・・・と私的には思っています。

 ③の環境とその汚れ要素については、上記に解説してる床が吸い込んだ油脂成分、水、ホコリ、苔、砂利等。子供時代に滑って遊んだバナナの皮なんてのもありますね。私自身の経験ですが、傾斜10度程度のアスファルトの歩道で転倒した事があります。原因は砂利でした。かすり傷で事なきを得ましたがスーツのズボンに数箇所穴が・・・えらい損害を受けました。・・(u_u。)・・・それから雨の降り始め、水の表面張力が滑りを誘発します。雨が降り出すと歩行が急ぎ足か小走りに変わり、雨の状況によっては全力疾走する人もいるでしょう。体重移動による負荷重が増すので、床に接する踵(かかと)の角度が大きくなればなる程滑りの危険性は大きくなります。

・・・・次回へ 

 

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ