SUBERANAI BLOG すべらないブログ

ワンコロ40万???

        知見不足が生んだ悲劇!!!その2

 スーパーに施工責任を問われた工事会社は、スーパーに対する工事保証とスリップ転倒した主婦への謝罪に向けて画策に走りました。スーパーに対しては、再施工を施したらしい以外詳細は不明ではあるが、転倒した主婦には口止めを条件にナナナナンと40万円支払った。主婦に口止めを約束したものの、スーパーには多くの業者さんが出入りしている訳で、たちまちニュースとして八方四方に広がってしまった。・・・・『ワンコロ40万』いつの間にかメンテナンス業界で流行ってしまったんですね。・・・って事は工事会社さんと言うのはメンテナンス会社だったんでしょうかね。?

 工事会社にどうのこうの言うつもりはありません。ただ、おそらくセラッミクタイルの滑り止めをするのに磁器タイル等に使用する施工溶剤を塗布したんでしょうね。確かに施工直後の滑りは抑制されますが、光沢は飛ぶは汚れは無茶苦茶付くは、そして最悪な事に滑り出すのが早くなるんですよ。床材には其々の特徴・特性があります。その特徴・特性に応じた滑り止め溶剤が必要です。そして更に、滑り止めを永く維持する為に床材毎、または施設のニーズ毎に最も適したメンテナンス(維持管理)の手法を提供する事が重要且つ必然なんですよ。おそらく何も考えずに施工したんでしょうね。

 類似業者が蔓延る(はびこる)中、彼等を信じ協賛し、滑り止め工事業者となる会社が急速に増えている昨今、『ワンコロ40万』が何度も繰り返され無い事を願うばかりです。

・・・・・次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ