SUBERANAI BLOG すべらないブログ

不覚!!現場で滑って転倒してしまった・・・

             猿も木から落ちる?・・・その2

 私の体は見事に宙に舞い、瞬間横向きに体を捻ったもののそのままドスンと床に叩きつけられました。・・・痛・・・『誰やッこんな所に剥離剤塗ったんは』・・・思わず叫んでしまいました。その1で記していますが、アクリルシリコーンの剥離剤を塗布する箇所は私が本隊の連中に指示しています。私が滑った箇所は剥離剤の必要性がない箇所なんです。従って塗布指示を出してません。そして・・・よりによって私が転倒したもんですから全員・・・固まっていましたよ。

 今回使用した剥離剤は強い塩素系で粘性があります。叫んだ瞬間手の甲に火傷したような強い刺激痛が走りました。剥離剤が手の甲にベッタリ付いていたんですよ。・・・カミナリを落とす前に・・水・水・水・・一番近いトイレに駆け込み洗い流す事5分、どうにか痛みも治まり、作業着を着替え・・・約10分間作業の手が止まってしまいました。

 現場に戻ると〃嵐の前の静けさ〃を予測しているのかシーンと静まり返っています。・・・『ハハーン・・怒られると思って緊張してるな。』・・・覚悟している者を怒る事はしませんが同じ失敗を繰り返させない為にも皆を前にして一言だけ強い語調で叱咤しました。・・・『現場は常に安全な環境下である事は必然の事。これは現場事故である。滑って当然の現場を作っておきながら何故皆に声かけしなかったのか。誰が塗ったか知らんが指示された以外の事をやるなら事前に報告するのが当たり前だろ。この馬鹿タレが。・・・以上作業開始』やれやれ・・これも身をもって教えるって事の一つなんだと怒りを抑え作業に戻りました。

 始発前に作業は無事終了。

 16年間滑り止め一筋の甲斐あって最近多業種の業者さんから弊社のME工法をやりたいとの申し出が増えてきました。大変有り難い事なんですが弊社は現在代理店(弟子受け入れ)導入を止めています。理由は私が年老いてきたからです。喋るにしても現場指導するにしても体力の消耗が激しく、あれもこれももっと教えておかんといかん・・・と言う気持ちに体力がついていかなくなってきたのです。・・・誰しにもいつかは訪れるものです。

 後継育成の為に株式会社スリップアウトを昨年立ち上げオーナーに高森君、社長に荒川君を配しスタートさせました。・・・加盟金その他諸条件無しで誰でもME工法に参画できるようにしたかったのと、技術育成の為に発生する私の義務的な拘束時間を出来るだけ少なくする事が新会社立ち上げのテーマでもあるのです。今回の長崎の現場も㈱スリップアウトの主力メンバーが研修中のS社の為に出向いたのです。S社は代理店ではなくME工法を志した前述の一社なのです。

 今後もS社のような新規の業者さんが続々とME工法に参画される事になれば、業者さんが獲得してきた現場が唯一の技術指導の場となります。その指導の任を託す為にこの10年間全国に代理店(弟子)を育成してきたのです。今回の長崎はS社の強い希望もあって止む得ず本部の連中が出向いたのですが本来は福岡の指導員がその任にあたります。質問、問い合わせ等は本部が主に担当する事になります。

 私が転倒した一件に触れます。トラップ(罠・仕掛け)があれば私(内藤猿)でさえも転倒してしまうのです。事前にS社に対し十分な指導が出来ていればこの一件は発生しなかったと思います。しかしながら全国各地に研修指導に出向く事は困難を極めるし、(社)全住防アカデミーでの研修にも難色を示される業者さんが多い中、大きな課題を提した一件であったと思っています。

 誰でも気軽に参加できる業界にしたいと思う反面、各床材に適した溶剤を提供したとしても現場経験のない異業種の皆さんに対し教育指導をどうしていくか・・・今後100年にも及ぶ我国の高齢者社会に足元の安全を継続提唱していく人材をどう育成するべきなのか・・・今後の滑り止め業界発展の為の踏み台に徹した内藤猿は長崎で木から落ちて悩んでいます。

次回へ

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ