SUBERANAI BLOG すべらないブログ

久しぶりに困った・困った!!

            やるしかない!!

 このマンションは築後20年で、内壁の立ち上がりと床に同じ真っ青な焼付けタイルが貼られていて、見た目が鮮やかで落ち着きのある美しい入り口となっています。H社の情報によると、実は数年前に滑り止め工事を施した経緯があるらしい。壁際から隅々までチェックしましたが滑りが抑制されている箇所は見当たりません。ただ、内壁と床の青色を比較すると、床の色は少し薄くなっている様に見えます。・・〃確かに施工してるな〃・・そう感じながら、ますます憂鬱な気分になってしまいました。

 前回に記したように、滑りを止める為の適正な溶剤を準備してはいますが、おそらくある時点で一気に反応してしまうでしょう。確認の為とりあえず隅っこの方でテストしてみる事にしました。

 一回目は類似業者が磁器タイル用として一般的に使用するレベルを塗布。・・・全く滑りは止まらないが、床は白っぽく変化した。                            

 二回目は、この手の床の滑りを止める為、経験に基づき製造した溶剤を塗布。・・・滑りは止まったが、床は更に白く変化した。

 憂鬱な気分はどんどん深まるばかり。・・・やるしかない。覚悟を決めました。施工後、間違いなく真っ白けになるでしょうが・・・・。ただし、後で記しますが策あっての事です。・・・憂鬱なのは、1つ目、これから施す弊社の手法を事前に説明していない事と、2つ目、コストの問題です。コストの問題は本来やるべき、事前のデモ施工をやれなかった事も関係してくるので弊社負担は当然としても、問題は1つ目です。施工の手法を現場施工当日に止む無く変更する訳ですから、・・・・・しかも、1日の工程が2日になってしまいます。1日目の施工後の床は全体が真っ白けになってしまう。それを見た居住者はビックリし物議になり、何を言っても言い訳にしか聞いてくれないでしょう。・・・あぁ憂鬱・・・ウチは滑り止め屋です。とりあえず滑り止めやりますか・・・。

次回へ

 

  

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ