SUBERANAI BLOG すべらないブログ

好奇心・遊び心・学ぶ心・そして克己心~リバイバル~

リバイバル編第二弾です!今回もアップデートにご注目して頂きご覧ください。

防滑を楽しむ??

滑り止め(防滑)業務は現状、公的な職種としての認定を受けるには至っていません。とは言え安全対策の一環として公的機関からの発注は年々増加傾向にあります。建設業・内装業なのか塗装業なのか、はたまたメンテナンス業なのか・・・問われる度に躊躇しますが、何れにしてもその全てに属する業務であります。

私的に言うならば防滑に携わる皆さんは、安全安心と言う舞台の演出家であり、個性的な芸術家(役者)であるべきだと思っています。感性と豊かな想像力をもつ事。そして何より重要なのは作り上げ演じた結果で観客を歓喜、感動に導く事であり、又それを共有していく気持ちが必要であると思うからです。

演出家なる人物は、関わる舞台の時代背景から登場する各々人物の何たるかまで歴史的事実に基づき極め細やかに研究します。そしてその舞台を自分の感性で構成し、役者も其々最も適した人物をオーディション形式で選んでいくのです。そして顔合わせに始まり稽古に入っていく訳ですが、これが又大変なんですね。

個性の強い役者が何人もいて・・・中には〃大根〃も混ざっている訳ですからね。ちなみに大根も個性的で〃美味しい〃・・・のです。演出家は演じる役者の一人一人に自分の思いを伝えその役作りを指示し求めます。

指示を受けた役者は台本と共に演出家の求める舞台の流れを想定し自分の役割を認識し役作りに専念します。・・・ある一定期間の後、舞台稽古が始まる訳ですが、各々がバラバラに作ってきたものを1つに構成していく演出家はその手腕を問われます。

蜷川幸雄さんが演出する現場を目にした事がありますが、残念な事にそこに笑顔はありません。蜷川さんの罵声が響き渡り、ピリピリした緊張感の漂う中、演じる者は蜷川さんの思い描く流れを共有すべく1つ1つの演技を幾度となく繰り返す。・・・そして1つの舞台が出来上っていくのです。

舞台稽古が終わると演出家は共に稽古に邁進した役者を労う事を怠りません。それはこれから本番に向かう演技者の緊張を解し、激励し、そして祈りが込められているのです。・・・納得して作ったものが観客に受け入れもらえるか、感動を与えられるか、もう一度観たいと思わす事が出来るか・・・演出家は演技者でもある訳ですから祈るしかありません。

舞台が始まると観客の様子を観察するのも演出家の役割です。観客に満足を提供出来たか否か、その目は日々観客を追い続け、そして千秋楽を無事に終えるまで続くのです。

内藤は63才になって奇怪な事を書きよるワイ・・・なんて言わないでくださいね。私が携わってきた滑り止め(防滑)の約20年間を振り返ると案外似たようなもんですワ。・・・舞台は依頼された現場又は現場に敷設されている多種類の床材ですかな。役者って言うのは床材に合わせ何度も配合調整を余儀なくされる溶剤と訓練された施工者ってところで、演出するのは私や荒川を含めた開発担当になるのでしょうか。

・・・お客様から感動と言うご信頼を頂き、安全の継続を現場情報共有しながら追い続け・・・そして千秋楽・・・とは残念ながらいきませんが。・・・安全の基本はエンドレスですから・・・長いお付き合いが基本となります。必要があれば再施工も当然有りですよ。

タイトルに掲げた好奇心・遊び心・学ぶ心・克己心という言葉は私の約20年を表現するものです。セーフティ、スリップアウトにおいて滑り止めを志す新人さんにはこれを基本として教育しています。

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

  1. 園田 より:

    うまいこと書きよるわぁ、と感心してしまいました。

    この想像力豊かな発想が統括の魅力でしょう!
    あっ、誉めすぎですね(笑い)

    何年経っても驚きと感動をもらえる誇れる仕事だと思ってます(^^)/

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ