SUBERANAI BLOG すべらないブログ

ME工法はsafetyの登録商標です

     ME工法とは?メカニズムは? その4

 セーフティが11年前にノンスリップマスターと決別した理由はそこにありました。・・・当時のノンスリップマスター本部や加盟店において、滑り止めのメカニズムや技術に関心はあっても、それはあくまで本部作成のマニュアルの範疇を飛び越えるものでは無かったのです。本部と言っても所詮、溶剤の輸入業者に過ぎませんし、契約上の縛りもあり、製造する事も出来ないのですから理論的要素や施工手法は米国からの情報が唯一の頼みだったのです。

 そこへ小難しい内藤の質問攻めに四苦八苦で、・・・そう言えば白髪さん元気にしているかナ。彼女だけは割りにしっかりしていたナ。

 ポール・チョウ(ノンスリップマスター輸出元社長)に私の幾つかの作品?を初めて見せた時、彼が驚いた話は以前に記したと思います。実はその時、メカニズムについても彼に説明したんです。そして彼がしばらく考え込んでから私に言った言葉は、・・・『内藤よく勉強したね。あなたの技術力と発想はとてもすばらしいが、一番の問題はね、床材の種類が多すぎる事よ。仮に其々に作ったとしても、溶剤が多種少量の世界になってしまう。我々は少種多量でなければビジネスにならない。だからあなたの発想と溶剤はあなたの世界で活かしなさい。』・・・やれるものならやってみろ・・・と言う事だったんでしょう。それから2ヵ月後、滑り止めの新しい世界を目指して加盟店を脱会。自分で考えたメカニズムを証明する為に茨の道を歩くことになってしまいました。

 ME工法の基本は床材(石材、タイル)の結合した粒子の組成構造・基本成分を想定し理解する処にあります。・・・結合した粒子成分の70%強がシリカである訳ですから大半がシリカの粒子で結合していると考えるべきです。粒子結合であれば其れなりの隙間がある筈です。そしてその隙間を溶剤の薬品反応で溶かして広げてやると水の入り口が出来上がり、スタッドレスタイルと変化を遂げるのです。・・・ん・でもって、ここまでは考案者レベル(米国的)の段階でして、特定の溶剤だけで施工すると滑りは抑制されても床材其の物の質感やロケーションが大きく変化してしまいます。・・・太めの隙間で対応するか、細めでいくか、小さく反応させ数で対応するか、溶剤を製造の過程で床材に合わせテストし、調整提供するME工法の真髄はここにあります。

 床材の組成構造・基本成分を想定し理解すると言う事は容易なものではありません。机上で習得し得るものは僅かに過ぎません。薬品反応も床材毎に変化しますから経験則に基づくデーターが重要ですし、新素材(内藤的表現ではウィルス)が出現したらその都度、適正溶剤(ワクチン)を開発し、どう使うかマニュアル化(処方箋みたいなものです。)に努めてきました。

 とは言え、全てがマニュアル化出来ないのが滑り止めの難しさでもあります。施工対象の床材と顧客のニーズは常に変化していきますからね。

 セーフティのME工法の大きな特徴と言われている部分を紹介するならば、一般的に流通している床材を基本にベースに層別調整した基本系溶剤が常に15種類常備されていると言う事。ちょい難しい磨きの石材等は常に現場で微調整可能な調整補助溶剤が数種あり、施工担当者(教え子)は自在にそれらを操って施工対処できるだけの能力をもっていること。・・・私的には親心?でそう思っていますが・・・ね。(^-^;

 つらつらと書き並べましたが、こんなにすばらしい知識と技術があるのに何でもっと大きな仕事が来ないのでしょうかね。・・・(u_u。)

次回へ

 

 

 

  

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ