SUBERANAI BLOG すべらないブログ

あるホテルの悩み!!

    凹凸シールで滑り対策したものの・・・その1

 東京の某ホテルの話ですが・・・各部屋の浴室のタイルに滑り止め対策として、凹凸シールを床全面に貼ったんです。ところが1年も経過しないうちに、部分的に剥がれていき、見てくれが悪くなるワ、滑るワ汚れるワで、困っているようです。縁あって弊社に滑り止めの話が飛び込んできたんですがね、・・・簡単にハイとは言えません。・・・何が問題で私が難色を示したのか、今回はこのテーマを取り上げて解説していきます。

 話は1年前に遡りますが弊社は、このホテルに対し、滑り止めの見積書を提出していました。その時に競合していたのが、某大手タイルメーカーの提案する凹凸シールによる滑り止めだったのです。どちらが効果的なのか確認したいとの申し出もあり、デモ施工を実施する事にしました。

 デモ施工の段階で、立ち会ったホテル担当者が示した行動に驚きました。施工直後のタイルに、なんとボディシャンプーを、そのままべチャッと落とし、その上に乗り、そしてこう言うのです。・・・『分かりにくいなぁ。この程度の事は日常起こりうる事なんで、これで滑るんでは意味がない。』・・・・・

 もしその場に私が立ち会っていたら、きっと大笑いしていたでしょうね。東京営業担当の報告を受け、ズッコケタくらいですから・・・。それでもって某大手タイルメーカーの提案を採用し、凹凸シールを貼ったんです。・・・凹凸シールの上にボディシャンプー落として滑りのテストをしたか否かは不明ですがね。・・・常識的には無茶苦茶な事をやられた感じです。・・ボディシャンプー(滑り加速剤)をそのままべチャッと落とし、その上に乗って滑りが止まる筈がない。バナナ皮の上に乗るかアスファルトに氷を張るのと同じですよ。

 凹凸シールに防滑性が無い訳ではありません。ここでの問題点は別にあります。水廻りに使う場合は、必ず剥がれる事を想定しないといけません。長期間、水や温水に耐え切る接着剤は殆どありません。従って剥がれます。剥がれたら、その都度また貼るしか方法はありません。・・・要は剥がれた箇所にまた貼れば済む事なんですがね。・・・1年程度で何故弊社の滑り止めに変更しようと思考が傾いたのか?・・・まぁ詮索する必要もないので、この案件に関して、何故弊社が難色を示したのか等の話は、次回にて解説していきたいと思います。

次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ