SUBERANAI BLOG すべらないブログ

まるで石の展示場みたい??

       そりゃ出来ん事は無いですけどね・・・

 数年前、いつもお世話になっているゼネコンさんから50平米程度の防滑施工依頼があった時の話です。花崗岩の磨きと言う情報だけしか入らなかったので、とり合えず現地調査に赴く事にしました。

 現地に到着してびっくり。新築マンションの風除室からロビーにかけて、磨きの花崗岩でコントラスに模様が描かれています。赤・黒・白・茶系・他2色の鮮やかな色彩で〃花〃をイメージしたデザインです。

 磨きの石をチェックしてみて又びっくり。茶系の石はエンペラドールと呼ばれる大理石でした。・・・冷や汗が出て来ましたよ。新築の分譲マンションですから基本的に美観重視を要求されますからね。花崗岩の種類だけでも赤がインペリアルレッド、黒がジンバブエとインパラブラック、白系がアフリカンライラック他にカパオダークと5種類。・・・其々使用する溶剤は違うのです。そこにエンペラドールが混在しているのですから熱が出てきて、体感温度が上がりっぱなしでしたよ。

 私をもってしても腰が引ける・・・(゚ー゚;・・・物件です。さぁて、どうするか?本音で悩みましたね。・・・うーんと唸っている私にゼネコンの担当者が『見積もりを急いでほしい』って畳み掛けてくるんです。・・・『やってみるかぁ』・・・覚悟を決めました。この現場の難しさを説明しても、ゼネコンが理解し得る筈もありませんしね。熟練した技術を証明する絶好の機会であると思えば、どおうって事はありません。・・・(u_u。)

 この様な現場において重要な事は、溶剤の準備と段取りです。〃段取り〃っていうのは、其々に反応性の異なる石故に養生をどうするかと言う事と、どの石から溶剤を塗っていくかって事を意味します。そして全ては手作業となります。

 万全を期す為に反応性の大きい(イオン濃度の低い)溶剤を適正とする石から塗布していきました。数人がしゃがみ込んで移動しながら目当ての石を探しながら1枚1枚塗布していきます。たかだか50平米・・・されど50平米で、パズルみたいに配置されている全ての石に塗り終えた時は全員が酸欠状態?でしたね。昼過ぎに塗り終えたので、一旦手を止め昼食を先にとる事にしました。食後に中和と洗浄を一気に済ませ、全作業が終了したのは午後3時頃でした。

 通常この程度の施工であれば、2人での作業で事足りますが、今回は手元と管理を含め4人体制での施工となりました。

 施主とゼネコンの絶賛をうけ仕事は完了となったものの、作業人員と疲労度は2倍・・・せめて石の種類2つくらいにしてくれんかなぁ・・・とぼやきつつ帰路につきました。

次回へ

  

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ