SUBERANAI BLOG すべらないブログ

もっと営業しなさい・・・嬉しいお叱り!!

         やっと・・実ったのかナ その

 数日前、突然に関東でも有数の遊園施設を経営しているA社の施設管理責任者から電話が入りました。・・・『4年間、様子を見てきた御社の滑り止めなんですが、非常に良いので弊社の関連施設にも今後採用して行きたい。ついては近々のうちに出向いてくれませんか』・・・このA社は、5年前に遊園地内に浴場施設を増設、土日には利用者が3000人を超し、整理券が配られる程の賑わいを見せています。最近、この浴場施設を利用した私の弟子達から、・・〃全く滑りを感じない、しっかりメンテナンスされていて驚きました。〃・・との報告を受けてはいましたが、嬉しい限りです。

 遊園地の一角に立地する関係上、お子さん連れの利用客が多く、転倒事故防止の対策として、4年前に滑り止めの施工をさせていただきました。当時、1年を経過したばかりの床(花崗岩のバーナー)ではありましたが、多くの利用者の影響もあり、既に床はべた付きヌルヌルの状態となっていました。

 滑り止め施工だけなら弊社の類似業者にも出来たと思います。問題なのは、滑り止め効果の継続です。・・洗剤を使ってメンテナンスをキチッとしないと滑り出しますよ。・・この程度のアドバイス又はメンテナンスマニュアルでは話になりません。1年でベタベタヌルヌルになっているし、この間、メンテナンス業者も其れなりに床の洗浄をして来ているんですからね。A社が弊社をドラフト1位に指名してくれた背景には〃いかに安全を守り抜くか〃と言う、多くの現場を知り尽くした弊社の〃知恵〃が活かされたんだと思います。

 敷設されている床の特性を知り、1日の利用者の数を知る。そして、体脂肪の残量と床との構成を想定する。使用されている温泉の成分『水』を知り、塩素の投入量を知る。そして従来のメンテナンスの手法の適正度を想定する。また、浴場内の何処が最も滑りを感じる箇所であるか、何故そうなったのかを特定する。・・・十分な現地調査と施設管理者及びメンテナンス担当責任者との細やかなヒヤリングを経て、施工後の守り(守備)の手法を、化学的に要因毎、1つ1つ明確にする。・・・メンテナンス担当責任者が〃これならやれる〃と納得し、〃これならランニングコストもOK〃と施設管理責任者も納得させられるのがメンテナンスマニュアルであるべきだと思います。

 過去、数えきれない程、スーパー銭湯をはじめ浴場施設の滑り止め施工をしてきましたが、ここまでキッチリとメンテナンスを実行してくれている施設は他にありません。昨年、私が入浴した時も全く滑りを感じませんでした。嬉しくなって電話をくれたA社のY氏に、『ここまでしっかり守って頂いて本当に有難う御座います。』15年目にして初めてメンテナンスにおける感謝の言葉を述べました。

 話がそれますが最近、弟子の中から〃内藤統括は、いつまでもうるさい。もう任せてくれたらいいじゃん。〃と言う声もチラホラ。・・・・本当にほっといても、ええんかいな。・・・車の運転は、すぐに上手くなる?・・・そして上手くなったと勘違いした奴ほど、違反や事故を起こす。本当に運転の上手い人は、ルールを守り、万が一に発生するかも知れない、色んな事を想定し走ります。滑り止めの世界は、奥が深くてエンドレスの世界。ましてやお客様自体、未知の世界です。それ故に、自分に妥協せず、誰しもが施工からメンテナンスに至るまで、〃最善を尽くす〃のがセーフティとしての使命、ルールだと思っています。私は、いつまでもセーフティの原点であります。小さくても企業ですから儲かってナンボは承知しています。そやけどね。金儲けとセーフティのルールは別物ですよ。

 さてA社との話は、まだ続きますが、・・・・次回へ

 

 

 

  

    

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ