SUBERANAI BLOG すべらないブログ

テラコッタタイルが真っ白け???

            真の犯人(ホシ)は???

 昨日の出来事です。私の親愛なる弟子の一人(代理店テック・グランドアップの上園社長)から電話が入りました。滑り止め施工の現場からとの事。現場から電話が入る時は、何かトラブルが発生した場合が多いんです。『テラコッタタイルが真っ白けになってしまった。』いつも冷静な彼が電話越しに慌てている様子が伺えました。勉強家で感性豊かな彼が現場で使う施工溶剤を間違える筈も無く、不思議に思いつつも、取り合えず真っ白けになったタイルの写真をメールする様指示しました。しばらくしてメールが届きました。メールを見ると、そりゃもう見事に真っ白けになったテラコッタ風タイルの写真が届いていました。

 届いた写真を見ながら電話で上園社長の話を聞く事にしました。『びっくりしたぁ』・・と言う第一声から始まり・・・『こんなん初めてですわ』・・・そりゃそうでしょうね。私も滑り止め溶剤の開発を含め15年余り滑り止めに関わってきましたが、こんなに真っ白けに変色したタイルを見るのは初めてなんですから。・・『溶剤は何を使ったの?』と尋ねたら『当然テラコッタ専用溶剤です』・・・それなら100歩譲っても?真っ白けになんかなり得ません。不思議な事もあるもんだと思っていたら、上園社長が・・『真っ白けになったのと同じタイルがスロープ部分に新設されていて、そこも専用溶剤を塗布したんだけど、そこはいつも通り変色もせず、滑りはキッチリ止まったんですよ』・・・そこで不思議から不審に気持ちが変わった上園社長は、仕事の依頼先である某設計事務所に尋ねました。・・『以前に何処かの業者で滑り止め施工やってませんか』・・・設計事務所の返事は『3年程前に他の業者で滑り止め施工をやっています。』・・・・アレレのレ・・・ 

 何やら怪しくなってきましたが、真相解明は次回へ。

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ