SUBERANAI BLOG すべらないブログ

ドブズケで防滑処理したセラミックタイル???

    姿なき敵に怯える?セラミックタイル業界 その1

 昨年の夏頃、協力会社であるセラミックタイルメーカーのS社より緊急の連絡が入りました。何事かと思い、さっそくS社へ出向きました。担当者と現社長(当時は取締役)も同席された重々しい空気の中、社長が話し始めました。『競合会社の1社であるK社が、ドブズケしてセラミックタイルに防滑処理した商品を販売する』・・・・ナナナ何ですとう~・・・・(゚Д゚)ハァ?

 K社は中国に生産工場を置くA社のOEM先であり、実は弊社とも10年来、友好関係のあった販売メーカーでもあります。残念ながら、ここ数年来音信不通の状態ではありましたが・・・。セラミックタイルの競合では後発ではありますが、それなりに独自性のある製品を持つメーカーです。1つだけ紹介すると、関西国際空港に敷設されている軽量のタイルはK社の製品です。

 〃ドブズケ〃面白い表現をしたものです。聞いた人は勝手に色んなイメージをします。〃水槽に溶剤を注ぎ込んで、セラミックタイルを漬け込む〃みたいな思考になりますが、製造ラインを想定すると、そんな無茶苦茶な事はあり得ないと私は思います。中和、洗浄、乾燥と続く工程を考えると、恐らくは、ディッピングの手法であると考えます。・・・A社がどれだけ滑り止め溶剤の研究をしたのか、興味は尽きませんが、簡単に〃防滑処理済セラミックタイル〃と言われてもねぇ。〃漬物作るんと訳違うでぇ〃・・(漬物屋さんスミマセン。)・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

 サンプルはあるのか、S社の社長に尋ねると〃無い〃と一言。そして、S社の社長の次の一言で内藤のプライドに火が付いてしまいます。『そりゃぁ元々は御社が滑り止め溶剤を開発されたかも知れないけど、A社は、信頼できる会社だからね。』・・・〃100年の恋が一瞬にして冷める〃瞬間でした。・・・元々光沢を維持したセラミックタイルの滑り止め開発を依頼してきたのはS社の先々代社長ではありませんか。〃 寂しかぁ。悲しかぁ。〃怒りを飛び越えた感情とでも言いますか、そんな思いを抱きつつS社を後にしました。

 社長が私を呼んだ理由は、大手コンビニエンスストアーが新設予定(250~280)店舗にセラミックタイルの採用を決定した事にあります。当然ながら競合他社との戦いになります。そこへ一歩先に踏み込んでいるのが、K社の防滑済のセラミックタイルだったのです。

・・・以下次回へ

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ