SUBERANAI BLOG すべらないブログ

ワンコロ40万???

          知見不足が生んだ悲劇!!!その1

 5月19日・20日の2日間、(株)阪和の展示会に滑り止め洗剤メーカーとして参加してきました。主催している(株)阪和さんとしても、大阪がインフルエンザで大騒ぎしている時にどうなる事かと心配する中、メンテナンス業者さんを中心に約1200名もの来場で大いに賑わいました。『ワンコロ40万』何ともおかしな表現ですよね。実は、弊社の展示ブースに立ち寄られたメンテナンス会社の社長さんが、『今メンテナンス業界の流行語だよ』と言って話されたんです。面白かったので今回のテーマとして取り上げてみたいと思いました。

 その社長さんの話とは・・・・磨きのセラミックタイルが敷設されている某スーパーで滑りの問題が発生した。スーパーは数社の業者に滑り止め工事の見積もりを依頼し、最も安い価格を提示した業者に工事をさせる事にした。工事は一日で終了し、5年保証を確約して取り合えず滑りの問題は解決した。・・・・が?一週間経った頃、工事したセラミックタイルの床はドス黒く汚れ、洗っても汚れが落ちない状態に変化してしまった。そして更に一ヶ月経った雨の日、そのスーパーで主婦が滑って転倒する事故が発生してしまった。スーパーは即座に滑り止め工事業者に連絡をとり、その業者は血相を変えすっ飛んできた。滑った床を調べたら、汚れで目詰まりが発生し、滑り易い床に戻っていた。業者は持参した洗剤を駆使し床の洗浄をし、床は多少防滑性を取り戻したものの、汚れを取り除くことは出来なかった。スーパー側は5年の保証期間内ということもあって、その事故の全ての責任を工事業者に押し付けてきた。そこでその工事業者がとった行動と言うのが・・・・

 

・・・・次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ