SUBERANAI BLOG すべらないブログ

不覚!!現場で滑って転倒してしまった・・・

              猿も木から落ちる?・・・その1

 某鉄道施設の滑り止め施工を研修中のS社(九州所属)が射止めてきました。随分と頑張っていた事は承知しておりましたが・・・足掛け3年って言っておりましたが大したものです。

 とは言えS社にとって今回が初の現場でありまして・・・現場の実践研修を兼ねて私を含め本部の精鋭部隊5名で応援してやろうってな事に相成り、九州の現場まで出向いて来ました。

 施工範囲はタクシー乗り場を含む駅への通路部分と駅構内の一部。駅構内のタイルには滑り止め対策としてアクリルシリコーンが施されていますが、駅側から滑るので全面剥離してほしい旨依頼を受けています。終電がAM0時30分、始発が4時50分。剥離を入れると600平米弱となりますがS社から3名参加してくれましたので総勢8名で対応出来るので始発までには何とか終了出来るでしょう。

 PM7時頃現地に到着。S社の計らいで当地でも有名な江山楼で夕食をご馳になり、燃料貯蔵庫?も満タンと相成りまして〃さぁいつでもかかってきなさい〃・・・テンションのバロメーターも上がりっ放しです。12時を回った頃、元請さんから養生作業の開始指示をいただき作業スタートです。

 終電となり本格的な作業に突入します。まず本部の熟練者2名に駅構内のアクリルシリコーンに剥離剤の塗布する箇所を指示。剥離剤塗布後にマスキングを施し、2名は通路側の施工に戻ってきました。通路側の施工は済々と進捗し2時半頃に終了。取り急ぎ全員で作業用具を駅構内に移動させるよう指示。

 全ての移動作業を終え、作業者に10分の休憩を告げて私は施工終了した通路側のチェックに入りました。〃よし、旨く仕上がってる〃・・・この時、駅構内で思いもせぬ出来事が発生している事も知らず私は仲間を追い駅構内へと向かいました。

 駅構内に到着すると・・何とS社の3名がマスキングを外しケレン掛けをしているではありませんか。彼等にしてみれば本来自分達の現場ですから本部の連中が済々と作業している姿を目にして、自分達も〃何とかせんといかん〃と思ったのでしょうね。黙々と作業を進めています。〃ちょっと一服したら?〃私は彼等に一声かけ、休憩後に剥離作業する箇所をチェックしに向かいました。・・・2歩3歩と歩いた次の瞬間、私の体が宙を舞ったのです。・・・ 

以下次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ