SUBERANAI BLOG すべらないブログ

再施工は必要なのか???

                       再施工の必要性を考える?・・・その1

 16年間この仕事やってますと再施工のご依頼を賜る事も多くなります。お客様は2度目だから〃安くしてね〃・・・もちろん任せてくださいって言うのが一般的なんですが、単純にOKを出せないケースも多々あります。その為にセーフティグループとしては再施工の価格設定についてある一定の基準を設けています。基準としている根拠等を今回はその一環としてシリーズでご紹介したいと思います。

 過去の経緯に照らすと再施工に至る経過年数は2~13年と大きなバラツキがあります。再施工をご依頼されるお客様の一般的なご意見は、2年しか持たなかった・・10年も持った・・等となりまして、我々の施工に対する様々な評価がそこに反映されているようです。

 そこで重要視するのは2年~13年にも及ぶバラツキが発生するのは何故かって事です。・・・ウチは浴場だから・・・プールサイドだから・・・毎日油が飛散する厨房だから・・・この通路は毎日20万人以上の歩行があるから・・・磨きの床だから・・・等々殆どの皆さんが早く滑り出した要因らしき事を口にされます。さらに最悪なのは〃やはりこの手の滑り止めは長くはもたんしアカンな〃・・・そう言うお客様のお話に16年間耐えに耐え抜いてきた私ではありますが・・・この数年チョイと反撃?に転じております。・・・実はこれが凄く効果的でしてね。各施設のメンテナンスの改善に役立っているようです。

以下次回へ

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ