SUBERANAI BLOG すべらないブログ

初心、忘れる事なかれ・・・正道は不滅なり

忘れ去りたいあの頃その頃・・・

元銀行マンって事でよく訊ねられるので、私がこの仕事にめぐり合うまでの他愛も無い話で筆を取ります。御辛抱の程よろしく。

正道は不滅大儀は永遠なり・・・

これは40年前、銀行員時代に外交営業マンとしてデビューした私自身に課した座右の銘であります。お金が商品の世界ですから当然清くあらねばなりませんし、外回りは銀行の看板を背負って戦場に赴く戦士でもあります。

平成3年、バブル崩壊後の始末を終え落ち着いた頃、銀行の根幹を揺るがす出来事が発生。BIS(国際決済銀行)規制(自己資本比率)問題です。

銀行で比率の分母となる資産は総貸出金で分子は資本金となります。当時バブル景気に乗じ地上げ促進に加担し、貸し出し合戦を展開していたエエ加減な銀行の分母(貸出総額)はパンパンに膨れ上がった状態。たとえ1%UPを命じられても瀕死の状況を招く事は必至でした。6%に満たない比率を国際基準8%国内基準4%にしろって命じられたのですからまさに非常事態。

資本金は簡単にナン兆も増やせません。やるべきは分母(貸出総額)を削り落とす事です。そりゃもう大変な事になりましたよ。新たな金は出せんはバブル時に不動産絡みで目一杯差し出した金は返せ返せと言うて回らんといかんのですから。

貪欲に利益を求め貸し続けた日本の金融機関に危機感をつのらせた国際決済銀行(BIS)がついに白砂の裁きを下したのです。

にもかかわらず当時の本店上層部がたちまちに危機感を示さなかったのは何故か今をもって不可解でならない。・・〃やばい銀行が潰れる〃・・私が発した言葉に嘲笑で返したオッサンが最近まで大手企業のトップを歴任していたのは笑えるけど。

平成3年私は銀行を辞しました。

私の予想が現実となって皆さんが多くを知る事になるのは平成7年頃からでしょうか。銀行をはじめ不良債権企業の公表があり、長銀・日債銀・北拓銀の倒産。銀行は潰さないという神話が崩れました。生保・損保・証券会社の殆どが80%傾いた時代。野村證券と住友銀行を合併させようとした動きもありました。

そして平成10年を迎え、殆どの金融機関が公的資金を劣後の優先株条件で導入する事となり、悪い言い回しですが、国に買収されたのです。国は民の血税を殆ど無利息で銀行に貸与し、早く回収する手段としてゼロ金利政策を施行。おかげで銀行は滅茶苦茶に利益(ン十倍)を上げる事になりました。一時、石原都知事が税金払え~って怒ってたのは皆さん周知の事と思います。そして減反政策と肩を並べるこの悪法政策はいま尚継続されているのです。

生き返ったのは銀行だけではありません分母を削減させる意味もあったかどうか定かではないが〃OO建設損切りン千億〃なんて記事たくさん出ていたでしょう。これも公的資金導入条件にされていたようです。〃何で大手ばっかり助けんねん〃と不満をぶちまける中小・零細企業の叫び声はいまだ国と、そのしもべたる銀行には届かないようですが・・・。

次回に続く

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

関連記事

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ