SUBERANAI BLOG すべらないブログ

問い合わせにお答えしま~す。

       最近多い問い合わせ!!中性の滑り止め洗剤??について 

 最近やたらに多い問い合わせの№1が後発の類似業者の中性滑り止め洗剤についての事です。その中でも同業者らしい方からの電話が多いように思えます。先日も私のブログに幾つかの質問がありました。それなりに回答文は書いて送りましたが・・・。弊社は、製造元として毒物劇物製造業登録(版製弟503号)の許認可をうけて、業者向け施工専用の滑り止め溶剤(50種類以上)だけを約10年間、研究開発してきました。その間、多くの現場に携わり、多種多様の床材に適した溶剤開発の為、計り知れないほどの床材を潰して来ました。そんな弊社でもハッキリとPH7と公表できる製品は存在しません。家庭用品表示法における中性に該当する製品はありますが、弊社の安全基準査定では、厨房や浴場等の滑り止めには適合しません。弊社の表示法の中性に該当する製品も最近よく使用されてはいますが、あくまでも特殊性のあるタイル専用のものです。私の個人的な考え方ですが、我々メーカーの常識としての中性の表現は、PH7ではなく、前後に少し幅をもたせるもんですがね・・・。PH7と公表して営業してますので、よほど自信があるのか、素人か・・まあそのどちからですね。NETIS(国交省の新技術情報提供システム)に登録されたってのを売り文句にしてたもんで気になって一応調査してみました。NETISが証明した中性の根拠になるテストは、特定機関ではなく業者がリトマス試験紙で実施したものでした。そしてテスト結果、リトマス試験紙の写真映像は、明らかに酸性反応を示しています。不思議なもんですね。なんでこれがNETISの審査に合格したんやろか?また何で沢山の会社が代理店になっとんのやろか?一蓮托生ってことかな?これ以上書くと〃負け惜しみ〃みたいになるので止めときますが、いやー不思議・・・なんですが、冗談はさて置き最後に一言。溶剤を開発するのも才能、(儲かりませんが・・・)手段はともあれ、滑り止めをやりたいって人を集めて儲けるのも才能です。ある意味、彼らが、業界発展に寄与していると思う私も間違いなく存在しています。

次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ