SUBERANAI BLOG すべらないブログ

急勾配の滑りを何とかして!!

                        スロープの滑りを止めて!!

 最近、やたらに増えているテーマがスロープの滑り止めです。バリアフリー法上、安全基準のスロープを表現すると12分の1以下の勾配となります。ところが、問い合わせ先の殆どが5分の1から10分の1も勾配がある案件ばかりなんです。ひどい話になると5分の2というのもありました。スロープ、日本語に訳すと傾斜ってことになるので間違ってはいませんが・・・。以前に、滑り止めは適材適所というテーマで概略だけ記しましたが、スロープについて今回は、私の基本的な考え方を記したいと思います。

 一般的な風景の中で、マンション等の出入り口に階段とスロープが併設されているのをよく見かけますよね。私共みたいな職種に携わっていると、つい気になり立ち止まっては、ここはセーフ、ここはアウトなんて勝手にジャッジしたり・・・・殆ど病的かも・・・。公共施設においては、12分の1のスロープとまではいかないまでも、それなりに対応されているように思えます。ただ残念なのは、何故スロープを敷設するのか、また敷設したのか、設計の段階でしっかりと認識されていないと思える所があまりにも多いことです。

 〃車椅子への対策と滑り対策を考えた上でのスロープだ。〃施設管理者に問うと必ず返ってくる言葉です。本当にそうでしょうかね?。好奇心旺盛な私は以前に12分の1のスロープを、車椅子で昇ってみたことがあります。比較的元気で健康な私ですが、腕はパンパン、息切れしたのを覚えています。見た目ゆるやかな12分の1のスロープでも、決して楽に昇れる勾配ではないのです。滑りの問題にしても同じ事がいえます。床材の選択は当然ですが、既にもう一歩踏み込んだ対策を検討すべき時代に突入している事も認識してほしいと私的には思っています。

 滑り転倒事故が発生し、訴訟ざたになっている現場の滑り止め施工した後、双方の弁護士さんから情報提供を求められることも、しばしあります。私共の言葉の一つ一つが、それなりに影響を与える事が多いので、常に慎重に対応するよう心掛けています。

以下次回へ

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ