SUBERANAI BLOG すべらないブログ

感激しました。スタッフの皆さん有難う。

    もう二度と再施工を依頼される事はないでしょうね。

 二人の孫にせがまれて昨年の3月に13年ぶりの再施工を実施した川西市市民温水プールに行って来ました。施工後一年半経っている事もあって点検を兼ねての訪問です。

 ワイワイ言いながら施設の入り口にたどり着くと立て看板が置いてありました。・・・〃昨日プール水の入れ替えが終了しました。〃・・・『あぁ休館してたんかぁ』・・・と言う事はプールサイドの洗浄も実施されたはずです。滑り止めがどこまで維持されているのか期待しつつ入館しました。

 9月に入ったとは言え残暑厳しい折、お子さん連れのお客さんで盛況でした。さっさと水着に着替えいざプールへ。家内と孫を待つ間、プールサイド374平米の隅々までチェックの為歩き回りました。・・・『あれ~滑らへんぞ。』・・・どこ歩いても足裏にピタッとタイルがくっついてきます。・・・感動しましたスタッフの努力がうかがい知れて本当に嬉しくなりました。

 実は2011年6月のブログで紹介しましたが、当施設にはプロのメンテナンス業者の出入りはありません。全てがスタッフにより賄われているのです。館長をはじめ全員がポリッシャーを駆使できます。そしてなにより嬉しい事は、弊社とのコミニュケーションが平成11年から前向きに維持されてきた事です。そしてそれが特別な事ではなく当たり前になっている事です。・・・(o^-^o)

 今年も孫に引っ張りまわされて、あちこちのプール施設に行きましたがプールサイドを安心して歩けたのは当施設だけでした。弊社が関わったから自慢している訳ではありません。フィットネスクラブを始め弊社は今日まで数多くのプール施設の施工に携わってきました。そして全ての施設とコミニュケーションを図ってきましたがいずれも旨くいっている訳ではないのです。要因は施設毎、其れなりにあるようですが・・・私的に思う事は、その都度其々に多くの保身的な言い訳があっても本気心が見えないのです。

 予算が無い・・時間が無い・・機具が使え無い・・機具が足ら無い・・使える人が少無い・・等々、無い無い尽くしを今まで何度聞き及んだ事か・・・。だからメンテ業者に一任するしか無いのです。そしてそこには極論ですが責任が無いのです。そして安い単価で任されたメンテ業者さんは、利益は少無いは苦労が絶え無いのです。

 皆さん一度川西市市民温水プールをお尋ねください。何の変哲も無い普通の古いプール施設です。・・・孫とふざけて泳ぎながらついロープにしがみついた瞬間、若い女性監視スタッフに『そこ~、ロープにさわらないでください』・・・大きな声で注意されました。トホホ・・・

 時折、女性監視スタッフの甲高い声が飛び交う何の変哲も無い普通の古いプールですが、この日の私の目には7~8名のスタッフの姿が今まで以上に頼もしく映りました。

 もう大丈夫。このまま継続して管理してくれたらもう二度と滑り止めの施工をする事はないでしょう。

次回へ

 

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ