SUBERANAI BLOG すべらないブログ

時の流れを想う今日この頃・・・

        恩師に感謝の気持ちを込めて・・・

 1995年(平成7年)、米国のポーテック・ⅠN社の防滑溶剤を我国に初めて紹介、導入した旧ハイパーテックジャパンの村山氏が病気悪化の為、引退されました。・・・もし彼が居なかったら・・・もちろん私も防滑の世界に足を踏み込む事は無かったでしょうし、業界自体が存在しなかったかも知れないのです。

 私との出会いは、以前にブログでも紹介しましたが広島での展示会でした。腕まくりをし、熱心にプレゼンされていましたね。私はたまたま当時世話になっていた友人の葉狩君に誘われて展示会に出向いたのですが、・・・村山さんがプレゼンに使っていた1枚のタイルに心を奪われてしまったんです。

 あれから15年、私は数多くのトラブルを糧に床材毎に適正な防滑溶剤の開発と、汎用化に努めて来ました。彼はそんな私をいつも見守ってくれていた様に思います。大阪に出張して来た折には、私の事務所を訪れてくれましたし、幾つもの新しい溶剤を彼に披露すると〃内藤さん、これは凄いよ〃と喜んでくれました。・・・彼は相変わらずノンスリップマスター溶剤の輸入元で、平成11年に脱会分離した私とは本来ライバル関係にあったのですが、・・・〃垣根を越えた不思議な友情と師弟関係〃がそこにはあったのです。

 数年前にノンスリップマスター溶剤の受け入れ先であったメンテックカンザイが突然契約解除し、大阪の某社に製造委託した事で村山氏の活躍の場は無くなってしまった。その後彼は病魔に侵され・・・引退を決意って事になったようです。

 先月、突然に静岡の倉庫会社から連絡が入りました。・・〃村山さんが病気の為会社を閉鎖される事になりまして、弊社で預かっている200ケース程の溶剤と洗剤なんですが御社に買い取って貰えないだろうか〃・・

 この電話、実は弊社にとって決して有難い話ではありませんが、複雑な事情も重なって倉庫会社も困っているとの事。・・・村山氏との連絡もとれないまま、輸送料金のみで買い取る事にしました。・・・幸いにも関係業者が大半を引き取ってくれましたので産業廃棄処分をする事もなく、何処かで其れなりに役立ってくれれば良しと思っています。

 時代の流れは早いものです。バリアフリー・ユニバーサルデザイン・コンプライアンス等の波及を受け、安全安心に関わる防滑の業界も年々重要視されるようになってきました。・・・防滑業界のルーツなんぞ知る者も稀少となった今日故に、あえて書かずにはおれない気持ちになりました。

 村山さんご苦労様でした。滑り止め溶剤を日本に導入してくれて有難う。そしてあなたは永遠に私の師匠です。

次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ