SUBERANAI BLOG すべらないブログ

某国立大学での嘘のような本当の話

  そんな無茶な話おまへんでぇ!! その1

 もう5年も前の話。京都の某国立大学から、キャンパスの一部が滑って困っていると電話が入ってきました。早速、現地調査と説明の為、営業担当に京都へ直行するよう指示しました。

 大学のキャンパスの一部には、テラゾータイルが敷設されていて、表面がかなり磨耗し確かに滑りを感じます。特にスニーカーを履いている学生さんには危険なレベルであると事務局の担当者に報告しました。・・・ならば直ちにデモ施工と相成りまして、2平米程度実施し、効果の確認をしてもらい、これは良いと言うことになり、前向きに検討するって事でしたので、かなり期待して帰りました。

 その後、多くの資料を求められるは、理論説明を求められるはで、幾たびか大学へ出向く事になりました。その時点では特殊な滑り止め手法と言う事で、随意契約的な話も飛び交っていて、見積もりの提出を依頼された時には、期待感は絶好調に達していました。

 1ヶ月後、大学から〃入札の案内〃なるファックスが舞い込んできました。慌てて大学の担当者に電話してみると、その後調査したら同業者がかなり出ていたので、公平を期すための処置と言う事でした。・・・がっかりはしたものの当然といえば当然の事。ME工法又は、同等かそれ以上と言う条件のもと、京都府の指名業者による入札となりました。弊社にはその後、京都の業者さんからの電話が殺到し、弊社は、標準的な平米単価を全社に示しました。

 結果は、弊社が示した標準価格の半値以下でY社が落札しました。弊社の全員が口を揃えて言います。・・・・無茶しよるなぁ・・・・こんな話は直ちに忘れてしまうのが身の為と、皆が忘れかけていた矢先、落札して既に施工も終わっている筈のY社からSOSの電話が入ってきました。何事か?と思いきや、Y社の話を聞いてズッコケテしまいました。

次回へ

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ