SUBERANAI BLOG すべらないブログ

油まみれの厨房!!!

         安全とは言えないが大丈夫だと思います。?

 またまた私の大好きな三遊亭歌の介師匠の落語の一説を紹介してみたいと思います。『私は飛行機が大嫌いです。それでも仕事の関係上、1年365日のうち260日は飛行機に乗って飛び回るんですよ。たまたまその日はプロペラ機に乗ってましてね。・・・ふと窓を見ていたら片方のプロペラが止まっているんです。わぁープロペラが止まっとる~・・誰かが大声で叫んだら、他の乗客の皆が皆、一斉にプロペラの動いてる方へ動いたんです。そしたらスチュワーデスが飛んできて・・優しい声でプロペラは片方が動いていれば飛行機はチャンと飛びます。大丈夫ですので皆さん元の席に戻ってくださいって言うんです。そしたら又誰かが・・目的地にチャンと着くのかっていたんですよ。・・そしたらスチュワーデスは、多分大丈夫だと思いますって言うんですよ。・・多分???・・・目的地に飛行機が着陸するまで胸がドキドキ高鳴って冷や汗でびっしょり・・・私は飛行機は嫌いです』・・・・。面白いのでご紹介しましたが、おそらくこの飛行機は直に点検修理されたんでしょうね。

 厨房の滑り止めの営業に伺った時に店長、マネージャーから〃安全とは言えないが多分大丈夫だと思います。〃と軽くあしらわれる事もシバシバあります。実は、チェーン展開している色んな店舗さんから耳にする言葉なんですが、きっと従業員の皆さんは十分注意をはらうよう日々指示されているんでしょう。その各店舗で食事をする事も多い私ですが、客席の床は従業員が厨房から持ち込んでくる油で薄汚れていてベタ付いています。当然ながら滑っています。厨房の中は以前に記したように、水が床に落ちればたちまちスケート場と化します。(少しオーバーかも)?滑って当たり前の床の上を用心注意しながら歩き回る従業員さんは慣れているとは言え大変な苦労だと思います。常に足を踏ん張るといった動作を繰り返すとどうなるか?足腰を筆頭に、そりゃあ疲れますよね。だから事故に発展する危険性というのは常にあるんです

 客席の床だって同じです。〃スリップ転倒者が出ていないから大丈夫〃という認識では危険すぎます。スリップは常に発生しています。転倒者が出ていないのは、従業員とお客さん其々が滑りを意識して注意しながら歩いてくれているお蔭なんですよ。・・・モラール向上委員会会長内藤的な文章になってしまいましたが・・・・今回はこの辺で次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ