SUBERANAI BLOG すべらないブログ

知的障害者施設からのSOS!!

           知的障害者施設からのSOS!!

 昨年の春先の出来事です。施設の責任者から悩み相談の電話が入ってきました。内容は、施設内の階段、廊下、食堂等で日常的に入所している方が滑って困っている。床は全面Pタイルが敷設されていて、出入りの業者に相談したら樹脂系のコーティングを提案され、見積もり金額を見て驚いた。手も足も出せない金額。限られた予算の中、事故は起きるは業者に頼べば全然予算は足らんわで困っている。何とかならないかと言うものでした。施設責任者の切実な話を聞き、1時間程度で行けることも手伝って、まあ、取り合えず行ってみるかって事になりました。

 あくる日、施設に出向きました。施設は、築後1年足らずの真新しい建物です。色々あって予算を使い果たしたんだろうな。そう思いながら先ずは施設の中へ突入です。にこやかに迎えてくれた施設責任者は、さっそくここで滑った、ここも滑った等と話を交えながら施設内を案内してくれました。一通り見て周り、その間の責任者の話を踏まえて私は提案をする事にしました。

 〃今、緊急に施設内の床全面の滑り止めは必要ありません。〃と私が言ったら責任者はホッとした感じでした。そこで私は、緊急に滑り止めが必要な箇所と翌年以降滑り止めの対策が必要になる箇所とに分けて検討する様提案しました。まずは、緊急を要する箇所として階段部分の一部、各手洗い場の一部、食堂内の一部、浴場の床は磁器タイルで、まだ新しく滑りを感じないので翌年の対策とし、今回は脱衣場の床を対策に入れる事。そして翌年以降の対策箇所として他に、施設出入り口の磁器タイル、モルタル仕上げの他の棟への連絡路、施設内のPタイルは最後にコーティングした方が良いですね。少し考える時間をください。そう言って施設責任者が多大に期待する中、施設を後にしました。

 後は、予算との兼ね合いもあり、今回何を滑り止めの材料とするかネタを考えないと・・・・。安全を売る商売も楽じゃありませんなあ。

以下次回へ。

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ