SUBERANAI BLOG すべらないブログ

箱根の山は天下の剣・・・最高峰の温泉と戦う術はまだ見当たらず・・・

  一本の施工打診電話で・・・まだ未熟な自分を知る・・・ 

4月新年度を迎え、本年度のビジョンを再確認していた夕刻に一本の電話を頂戴しました。・・・温泉施設等を運営されいる会社様で箱根にある仙石原温泉施設の浴場が滑るとの事での問い合わせでした。・・・関東方面は本来、私の指導した弟子もいるので通常は弟子の方に連絡を取るように話を振ったりするのですが、・・・昨年紹介した施設でひと悶着あった事もあり、まず私が現場の情報を理解した上で話を進めた方が良いと考え対応しました。・・・

ひと悶着??腐っても私の弟子ですよ。・・・間違った言動、行動は一切見当たりません。この1件は以前にブログで記した事もありますが、プロフェッショナルの話に耳を傾ける事の出来ない不勉強で礼を失する施設管理責任者に¨お断りしろ¨と私が指示した1件の話です。

ご依頼先の担当者は女性ではありましたが、電話口の対応は理知的で我ながら感心しました。・・・前職時代の仲間を思い出させるなあ・・・なんて感じながらつい親近感を持って話のやり取りを開始。・・・

届いた浴場の写真映像を確認しながら滑り止めのウンチクを説明。・・・草津温泉をはじめ相当な温泉場の施工経験はありますが、箱根は私にとって未知の温泉場です。取り合えず有料でデモ施工に伺うって事で話は進行。・・・先だって現場温泉の温泉成分分析表を手配しメール送信してくれるよう依頼しました。・・・

数日後、担当者から依頼していた温泉成分分析表が届きました。・・・目を通した瞬間・・・えっ・・・

今までに見たこともない数字に目が点になりましたよ。・・・さあ・・どうする?・・・唖然となった自分に問いかけます。・・どうする?・・どうする?

 

つづく

             

       

            

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ