SUBERANAI BLOG すべらないブログ

精肉加工工場からのSOS!!

          転倒者続出?緊急事態発生!!

 先日1月15日に頂戴したコメントは、昨年末に精肉加工工場の現場から緊急の防滑施工の依頼を受けたセーフティのメンバーからの投稿です。私の方に即座に連絡が入りましたが大変面白い?テーマだったのでセーフティが具体的にどの様な対策及び提案をしたのか、年の初めでもありますのでご紹介したいと思います。

 メンバーに指示して集めた情報によりますと、問題の現場は加工場と搬送通路、合わせて300平米程度。対象の床はカラーコンクリートで敷設後10年経過している。スリップ転倒が最も発生している箇所は加工場周辺部と隣接している通路部分。それ以外の箇所でも時折スリップ転倒は発生しているが、幸いにも今のところ大事には至っていない。工場出入り口付近は滑りを感じるが転倒者は出ていない。

 現場からの要請は年明けの3日までに何とかしてほしいとの事でしたが、基本的に不可能と判断し一旦お断りして、駄目元でその理由を説明し日程の調整を御願いしました。・・・言い訳?的に提示した内容は・・・

①滑りの要因が動物性油脂だと明確である以上、弊社のME工法だけでは長期的な安全の確保が困難である事。

②加工場周辺部においては、常にラード状の油脂が定着する為、凹凸や吸盤効果で発生する摩擦力だけでは対応出来ない。この場合、弾力性が有り凹凸もあって、その2つの摩擦力を同時に結集し得る素材でなければ防滑性能を発揮する事が困難である事。

③加工工場は1年365日、常に稼動している。その為業務に支障が発生する素材は使えない。素材選択に時間が必要。

④食品加工工場である為に、工事以降の衛生面の維持管理にも配慮しなければならない事。おそらく選択するであろう弾力性と凹凸のある素材は、従来カラーコンクリートに定着する油脂汚れの数倍を滞留させる可能性が高い。故に日常的なメンテナンスの必要性ある事と会社及び従業員さんの意識の変換、ランニングコストアップの容認が求められる事。

⑤防滑工事以降、素材に掛かる負荷の問題。搬送にリフト等を使用する場合、その負荷を1トン以下にしないと耐久性に影響が出る可能性がある事。

 以上の5項目を防滑工事の方向性の叩き台とする為、会社内で早急にご検討いただく様御願いしました。

 

以下次回へ

 

 

         

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ