SUBERANAI BLOG すべらないブログ

迷走する?セラミックタイル業界!!

      どれもこれも同じセラミックタイル???

 1987年にエジプトのカイロでハイテックストーンとして産声をあげたセラミカ・クレオパトラ社のセラミックタイル。日本に登場して早や15年になります。従って当時の通称はエジプトタイルと呼ばれていました。

 私がこのエジプトタイルと初めて遭遇したのは1999年でした。縁あって滑り止めの仕事をいただく事になり、頂戴した磨きのセラミックタイルのサンプルを見て驚いた記憶が今も鮮明に残っています。

 10年の時を経て今日、中国の台頭が目覚しく、エジプトタイルと言っても、セラミックタイルとイメージする人は激減しています。・・・〃中国タイル〃・・・今やセラミックタイルと言えば、『あぁ中国タイルね』と言う人が圧倒的に多くなりました。〃多勢に無勢〃弱肉強食の時代ですからある意味で納得はしていますが・・・。

 数は力なり・力は金なり云々。故田中前総理の名言ですが、私的には好きな言葉ではありません。民主主義の思想理念・根幹が、捻じ曲がってしまいます。・・・まぁ小生如き小者がほざいてもシャー無い事ですが・・・。

 どの業界においても類似の中国製品が出回ると、価格バランスが崩れるものです。セラミック業界もその渦中にあります。其れなりに良いものが安くなるって事は、消費側にとって喜ばしい事です。・・・が、〃其れなり〃って言うモノの考え方をしっかり理解し、それが価格に反映されているんだって事を承知する必要もあります。〃品質価値〃というのは、研究開発に時間と金を費やし、そして作り上げた企業の勲章です。中国製品の全てのレプリカに言わば同じ〃勲章〃を与え続ける検査機関に疑問もありますが、現段階の検査設備レベルでは、格差解明不能の現実がある以上、仕方のない事だとは思います。

 とは言え中国の一部においては、著しい品質のレベルアップを重ねているメーカーもあります。〃レプリカ〃なんて表現を引用しましたが、例えコピー製品であっても、しっかりした研究と開発努力の積み重ねによってオリジナルを超えるスーパーコピーが誕生することだってあり得ます。

 実は先月、スーパーコピーに匹敵するセラミックタイルに遭遇しました。ベトナムのビナコネックス社のビコストーンです。詳細は省略しますが、日本にはまだ導入されていない様に聞いています。・・・ハッキリ言って私は驚きましたよ。おかげでセラミックタイル専用の溶剤を、もう1つ開発する事になったんですからね。

次回へ

 

 

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ