SUBERANAI BLOG すべらないブログ

13年目の再施工!!

          よく頑張ってくれましたね・・・その1

 兵庫県川西市の教育委員会から市民プールの滑り止め施工の打診を受けたのは確か平成11年の5月であったと思います。・・・当時現調の為現場に赴いた時の私の印象と言えば、滑る・汚い・臭う・の3要素全てがそこに揃っていましたね。

 なかでも圧巻だったのは、プールサイドの至る所に白い粉状のものが点在していたので施設担当者に〃あれは何か?〃と訊ねると返ってきた返事が〃あれは塩素です。〃・・・これには驚きましたね。要するにアルカリ成分で洗うように指示されていたので塩素を使っていると言うのです。・・・確かに塩素はアルカリ成分ではありますが体脂肪を乳化させる能力はありません。・・・しかも約340平米のタイル表面の30%は石化した汚れで黒ずんでいます。

 当時も現在もそうですが、この市民プールのメンテナンスは施設のスタッフによって実行されているのです。メンテナンスのプロ的な人材は1人として存在しません。滑り止め施工をするにしても石化した汚れをある程度は除去する必要がありますし、防滑効果を維持させるためにはメンテナンスを理解し得る人材を育てる必要があります。・・・さてさてどうしたものか正直悩みましたね。

 悩んでいるうちに川西市の方から施工決定の連絡が入ってきました。ある意味〃腹をくくって〃打ち合わせの為に市民プールへ赴きました。施工日、施工時間帯等々淡々と話は進み難題のメンテナンスへと入っていきます。・・・『ところでメンテナンスの事なんですが』・・・担当者は神妙な顔で私に問いかけてきました。・・・『ちゃんと指導をさせてはいただきますが、その前に今、メンテナンスをどうされているのか教えてください。』・・・私は滑る・汚い・臭うの3点がどうして発生したのか知りたかったのです。・・・すると担当者は制約された予算の関係からスタッフで床の洗浄をする選択をした経緯から、落ちない汚れにメンテナンスの難しさを痛感している事等、率直に答えてくれました。・・・そして彼は『お願いします。教えてください。』と業者である私に頭を下げるんです。なんと謙虚な人なんでしょうね。・・・

 まぁ何と言うか、そこまでされたら九州男児の男気をくすぶられますよ。・・・と言う訳で今回の施工は滑り止め以外の作業が大勢を占める事になりました。石化し黒ずんだ汚れ除去対策の為に日程の調整をお願いし、ついでに施工後のメンテナンスについてスタッフが理解し易い内容まとめてマニュアル化してあげる事にしました。・・・実はこれが現在のセーフティ流メンテナンスマニュアルの先駆けとなったのです。

以下次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ