SUBERANAI BLOG すべらないブログ

こんなに呆れた話は初めての事!!

  汚したのか?汚れが落ちたのか?? その1

 先月の事です。週末の夕刻に、以前から親しくしている大手不動産会社のH氏から緊急の依頼が飛び込んできました。・・・『先生、助けて!!』

 いつもと様相が違うので、何か余程の問題が起きたのか・・・少し緊張感を覚えながら話を聞きました。

 話の内容を掻い摘んで紹介すると次の通り。・・・・『弊社が一部清掃管理している物件(商業ビル)の大理石の床に、下請けの清掃業者が誤って汚水を落とし、シミをつくってしまった。清掃業者は慌てて、シミを取る為に床の洗浄をしたが、その時使用した洗剤の影響?で大理石の光沢が無くなってしまった。その結果、ビルのオーナーが激怒し、現状復帰か床の張替えをするよう申し出てきた。先生に現場を見てもらい、どうするべきか相談に乗って欲しい。・・・汚水を落とした箇所は、別途にビルオーナーが契約している清掃会社が清掃管理をしています。建物は築30年です。』・・・・取りあえず翌日午前中にH氏と現場で会う約束を交しました。

 翌朝、現場に向かう為準備していると、妻が高速道路の渋滞情報で、『今日は目茶苦茶混雑しているよ』と言うんです。『あっ今日は土曜日かぁ、えっお祭りもあるの?』・・・現地の高速出口が既に18キロ渋滞・・・仕方ないのでH氏に電話し、1人で現場に出向き、床の写真を数枚、私の指示通り撮ってメールしてくれる様依頼しました。

 約2時間後、メールが到着。写真を見て、ア然としました。問題のビルの床は奥と手前が2段になっていて、清掃業者が洗浄した床が上段で光沢は無いが綺麗になっています。ア然としたのは、下段の床です。何も手を付けていないそのままの状態の写真ですが、鈍く、薄っすらとツヤがある?程度なんです。光沢?と言う表現をするレベルではありません。誰が見ても納得するであろう築30年の大理石の本来の姿?がそこに写っています。・・・これを張り替えろってか???・・・やっぱり現場見とかんといかんなぁ・・・ってな訳で、H氏とは別行動をとり、現地を目指し車に飛び乗りました。

 夕方6時頃現場に到着。まさに写真通りの映像が目の前にあります。・・・・隅から隅までまでチェックさせてもらいました。・・・・。ビルのオーナー自らが、床張替えを提言したのか?、誰かがオーナーに、この際だからと進言したのか?・・・実は、現場を見てH氏が非常に気の毒に思いました。そこで、今回のテーマとして取り上げて皆さんと一緒に考えてみたいと考えたんです。

 私がチェックした後、何故H氏を気の毒に思ったのか、どう対処したのか、そこらは次回で詳しく記したいと思います。

次回へ

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ