SUBERANAI BLOG すべらないブログ

サポート体制の意義!!その1

    防滑市場の育成に半生をかけて!!

 さて、前回までの記述が、私が溶剤開発に踏み切った経緯となります。・・・が、既にこの段階で考案者のハードルを飛び越えてしまった(パンドラの箱?を開けてしまった)訳ですから、後が大変です。当時は、溶剤の開発もさることながら、何等ビジョンも無い私でしたからね。・・・(u_u。)・・・そこでまだ駆け出しの私がとった行動は・・・・

 平日は、バカチョンカメラを首にぶら下げ、中古で買った自転車に乗り、営業を兼ねて思い付くまま大阪市内を走り回りました。カメラに収めた写真を元にタイル業者、石材販売会社を練り歩き、手に入る床材を片っ端に掻き集めましたね。事務所にしていたマンションの床が落ちやしないかと、片腕的存在である高森君が心配したくらいですよ。実際に敷設されている床材と向き合う事から始めようと考えたからです。

 土日になると車に乗って、各地の温泉場へ出かけては、小袋に忍ばせて持参した溶剤を、こそっとチョコチョコ塗ってテストしたり、・・・傍から見るとまさに〃怪しげなオッサン〃をやっていました。ある日、里帰りを兼ね九州の雲仙に立ち寄ったんですが、その温泉場で新たな出来事に遭遇するんです。例の如く忍ばせて持参した溶剤でチョコチョコ塗ってみたんですが滑りが止まりません。おかしいなぁと思い何度も塗ってみましたが、一向に何の反応もしないんです。床材は一般的な御影石のバーナー仕上げで、表面に薄っすらとスケールが乗っている程度です。不思議に思いつつ、更に溶剤を塗り重ねましが何回塗っても全く反応しません。原因が掴めないまま一旦引き上げる事にし、その足で実家に帰りました。

 大阪へ戻ってから雲仙の温泉について調査を始めました。他の温泉と何が違うのか?温泉というのは其々に成分が違う?成分の何が滑り止めの阻害になっているのか?陽イオン?陰イオン?溶存ガス成分?非解離成分?・・・全てが???の中で、資料を集めることから始めなければ何にも分かりません。温泉場には必ず温泉成分分析表ってのがあると知り、過去尋ねた温泉場を含め、温泉成分分析表を求めて、改めて温泉場周回の旅をする事になります。

次回へ 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ