SUBERANAI BLOG すべらないブログ

セラミックタイルでトラブル発生

             ※広島でトラブル発生緊急出動!! (その1)

 先日、大阪のタイルのブランドメーカーより緊急のテーマが飛び込んできました。敷設先からタイルに付いた汚れが簡単に拭き取れないとの苦情が入り、数回にわたり社長自ら広島に出向き説明を求められて苦慮しているとのことでした。一度も面識のない社長が何故私を指名打者にしたのか?その裏話はさて置き、今回の私の〃仕事人〃としての使命は、タイルの洗浄と防汚処理(コーティング)・・・は表の仕事で本音は、施設オーナーへの説得となります。早速準備し即刻始動です。広島の弟子(代理店)も駆けつけてくれました。予定より2時間前の現地到着です。2時間足らずの間に施設オーナーを納得させねばなりません.。早速施設内外のチェック開始です。幸いにも今回は10分程度で全ての原因が見つかりました。あとは立腹中の施設オーナーに話をどう切り込むか、そこが問題です。 実は、今回のテーマの流れの中に、トラブルの引き金となった大きなミスが販売した側とタイル敷設以降、日常的にメンテナンスを管理担当する側、双方にありました。今回敷設されたタイルは中国製のセラミックタイルで通称疑似石と呼ばれ石を微粉末にし材料としたタイルで白系のもので無釉薬の磨きのものです。ブランドメーカーはメンテナンスフリーのタイルであると商品説明をしてしまったんですね。 実は、ワックスフリーが正解なんです。最近、にわかにブランドメーカーが増えていますが、同様にメンテナンスフリーと銘打って販売している会社が多いのには驚きました。セラミックタイルの何たるかは長くなるので又いつの日にか記したいと思いますが、今回のトラブルの発端はこのメンテナンスフリーの一言にあります。施設オーナーはその一言を信じてセラミックタイルは汚れにくいし、汚れても簡単に拭き取れるから以降のメンテナンスも楽になると思ったんですね。私はこの場合、ワックスフリーの説明であったとしても施設オーナーの判断は正しかったと思います。お会いして判ったんですが、以外や以外、このオーナー聡明で大変に心やさしい人物なんです。ただ残念なのは、・・・・・・トラブルの起因に話は展開していきますが、最近、老眼が進んでおります故、疲れました。今回はここまで・・・・・・・・。               

                     

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ