SUBERANAI BLOG すべらないブログ

 セラミックストーン(セラミックタイル)が、今まさにPタイルに取って代わろうとしています。今回は、9年程前にセラミックストーンのパイオニアである某メーカーの社長に頼まれて、セラミックストーン専用の滑り止め溶剤を研究開発し、成功に至るまでのプロセスの一端を書いてみようと思います。

   (その1)     タイルメーカーの苦慮!!(トップの悩み)

1995年エジプトタイルとして我国において、本格的にセラミックストーンの販売を開始。セラミックストーンとは原材料であるエジプトの石を微粉末にし、2800トンでプレスし、1280度で焼き上げた高密度タイルでモース硬度6、極めて石に近い、通称、疑似石と言われるもの。販売は順調に推移しているが、更に躍進する為には、磨きのタイル販売をメインに長期的な販売戦略の強化を図る必要がある。その理由の1つは、販売開始以降、磨き以外のタイルの売上げが先行しているが、汚れのトラブルが多く、その対応に振り回されている。滑りの問題を考えると、磨きのタイルは直接的に雨の影響のない箇所にしか使えないし、かと思えば、雨の室内への持込で滑ることへの配慮も必要となってくる。セーフティさん(内藤さん)冗談話で聞いてもらっても結構ですが、磨きのタイルの光沢、色合いを95パーセント以上残して滑りを止めて、ASTM(英国方式で振り子方式による静摩擦係数測定器でBPNで表現し40以上が安全の目安とされる)で40以上をクリアする様なものが出来ませんか?。万が一にでもそんなのが出来たら、この業界そのものが大きく変わる。弊社の販売戦略を磨きのセラミックストーンをメインにシフトできるし有り難いのですが?。・・・・・研究の為にと数枚のセラミックストーンを渡されて・・・・・とんでもない依頼を受け、困惑しきりの内藤でした。

※業界用語ではセラミックタイルとして流通していますが、従来のセラミックタイルと区別    する為に、あえてセラミックストーンと呼んでいます。今日、滑り止め業界で類似の業者さんが、普通に使っている勝手な内藤用語の1つです。タイルメーカーにおいては、用語特許の関係等がありセラミックタイルとして取り扱っているのかも?。

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ