SUBERANAI BLOG すべらないブログ

プール底の滑り止め・・・

          今こそ積年の思いに終止符を・・・その1

 積年の待ち人来たり・・・今まさにその心境です。某市役所からプール底の滑り止めの見積依頼がきました。平成10年以来13年ぶりのテーマとなります。私のブログを熟読されておられる皆さんの中にはオヤッと思われる方もいる筈です。確か以前に失敗談の1つとして紹介した事があるからです。

 13年前・・・悔し涙・歓喜の涙その両方を経験した年でもありました。

 当時の弊社は静岡に本部を置くH社の1加盟店でした。・・・ある日の事、奈良にある某スポーツ施設からプールサイドの滑り止め依頼の電話ありましてね。そりゃぁ喜んで施設に飛んで行きましたよ。施設では社長自らが私と商談対応してくれました。・・・で、その時に社長が・・『内藤さん、先にプールを見にいきましょう』・・って言うもんですから何も考えずについていきました。プールは会員さんとスッタフ延30名程で賑わっていました。

 プールサイドの状況をチェックしていたら突然に社長が声をかけてきました。・・『内藤さん、プールの底だけど滑り止め出来る?』・・エッ・・(゚ー゚;・・思いもよらぬ事でしたからマジに返事に言葉が詰まってしまいましたよ。・・・プールサイドへ案内された時には普通にプール利用者が多いなって感じでしたが、話を頂いて改めてプールに目を向けると、ナルホド25名程は確かに歩いていらっしゃいました。

 社長曰く、・・・『実はうちのスタッフと会員さんから、歩いていると腰に負担が掛かり過ぎてしんどいって話が最近多くて対策を考えていたんです。原因は底が滑るのでつま先で踏ん張りながら歩いたり運動しているから必要以上に腰に負担が掛かかるんでしょうな。だから底を滑らんようにしたいのよ。』・・・

 プールサイドの話がプールサイド+プールの底の見積りに・・・エラい事になってしまいましたが、プールの底が出来るか出来ないかは後の話として取り敢えず見積りの提出をする事で話を終えました。

 会社に戻ると早速本部であるH社にその旨を連絡し、協力を求めました。・・・ところが・・・過去に事例が無いって事で協力を断られてしまいました。仕方がないのでアメリカに電話を入れてみましたが、アメリカでも成功事例が無い事が判明し×。・・・つまりは、やるんなら自己責任でやれって事になってしまいました。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

 当時は結構失敗もやらかしてましてね。それ故に滑り止めの奥の深さに面白味を感じていた頃でもありました。・・・そこで私が次にとった行動は・・・

次回へ

 

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ