SUBERANAI BLOG すべらないブログ

10年振りの再施工依頼ではあるが・・・

私の歴史の1ページを飾り自信作でもあった枚方の某マンションのタイルが無残な姿に・・・。

4月、久しぶりに京都のH社から仕事の電話が入りました。8年振りに電話くれるなんて珍しいこともあるもんです・・・。何事かと思いきや9年前に施工した枚方市のPマンションの滑り止め施工の相談でした。

H社の営業担当者の説明によると、Pマンションは今年の1月に他社により滑り止めの施工を実施したとの事。ところが施工後まもなく居住者から不評不満が多発し、再施工の方向へ話が進んだらしい。施工後、日も浅いので予算の問題もある中、一度現場へ出向き手直し出来るようなら何とかお願いしたいとの事でもあった。

Pマンションに敷設されているタイルは珪藻土をメインとした塗り床材でコバルトブルーに仕上げられた特殊なものです。9年前施工にあたり・私自身もそれなりに悩んだ床材です。滑りを止めて且つ、あのすばらしいコバルトブルーを維持しなければ現在の溶剤系滑り止めを世間に発表、提供した私のプライドが粉砕してしまいます。その後の詳細は9年前8月の私のブログに記していますので省略しますが、あの難しいタイルに滑り止め施工を実施した業者がどんな施工をしたのか興味が湧いたので取り急ぎ出向く事にしました。

Pマンションを訪問するとH社のA氏と理事長が既に待機していましたが、私はタイルを見て我が目を疑いました。真っ青なコバルトブルーがうす黒い青?に覆われているではありませんか。一体何をしたのか?・・よく見ると全面にエポキシが塗布されています。しかも立ち上がり部分までご丁寧に塗られています。

エポキシ?このタイルにエポキシ?

私の頭の中でこの言葉が飛び交いましたよ。”H社も電話くれた際にエポキシで滑り止めを実施したと言ってくれたらいいのに”腹立たしさを抑え理事長にどうしたいのか尋ねました。理事長としては施工前に近いブルーにしてほしいとの事。

手直しの為に私が持参した秘密兵器?はエポキシの上にも塗布適用はしますがエポキシそのものが邪魔になります。青色は少し濃くはなるものの本来のコバルトブルーにはなりません。とりあえず色付けをしてみましたがやはり青色が少し濃くなった程度でした。

私がこのブログに記す事は、私のノウハウが多少なりとも同業者の方々のヒントになっている事と私の仕事の記録でもある訳ですから苦労した現場は基本としてありのまま記すようにしています。関係者の方々にはご理解くだる様宜しくお願いいたします。

さて青色は少し濃くなったものの、以前のコバルトブルーには程遠く居住者の皆さんを納得させるレベルには至りませんでした。そもそも何故に美観を有したマンション出入り口に滑り止めとはいえエポキシを採用したのか?8年もの間、疎遠であった弊社にH社が連絡してきたのか?そこらの話は次回より記していきたいと思います。

9_ Photo Photo_1

左写真:2009年8月施工後
中央写真:エポキシ塗布現状
右写真:デモ施工一部比較写真

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

関連記事

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ