SUBERANAI BLOG すべらないブログ

厨房施工中に滑って得た知恵!

      施工マニュアルは当てにならん??その1

 平成9年7月に有名な某ファーストフードの厨房の滑り止め施工に出かけた時の話です。当時は滑り止めの仕事も十数件こなして、自信も芽生え始めていましてね。

 営業がPM12時までだったので作業は深夜となります。PM12時を回り、店長から作業開始のGOサインが出たので店内へ入りました。ところが店内は、当日の後かたずけと、翌日の準備とで従業員がバタバタ動き回っていて、とても作業に入れる状態ではありません。しばらく様子を伺いながら待機していると・・・『○○君、危ないやろ。不用意に床に水落とすなよ』・・・従業員の一人が若手のバイト君に大声で注意する声が厨房内に響きました。・・・確かに厨房の床は、油まみれでヌルヌルの危険状態になっており、水が落ちれば目茶危険に発展するのは必然だったのです。

 従業員がウロウロしている中、既に店長からGOサインも出ているし、遠慮なく床の洗浄を始めましたが、ヌルヌルした油汚れに洗剤を撒くと滅茶苦茶に滑って、ポリッシャーを回す際も足元が落ち着きません。それに従業員が通れば手を止めたりと、作業は思うように進行しません。〃早く店側の作業が終わってくれないかな〃と従業員の進捗状況を探りに行こうとしたその時、自分の撒いた洗剤で足を滑らせ・・・〃スッテンコロリン〃・・・幸い怪我はしなかったものの、服を随分と濡らしてしまいました。

 『水が落ちても危なっかしいのに、洗剤撒いたら滑るのは当たり前やないか』・・・ブツブツ言いながら自分を慰めつつ、・・・『こりゃぁアカンワ、何か考えんと危なっかしくってやってられんワ』・・・危険というピンチが差し迫り、現場作業者の安全性等考えも及ばない施工マニュアルに疑問を覚えながら、この現場を如何に終わらせるか手を止めて考えました。・・・この頃から現在の私流儀の原点の何かが顔を見せ始めたんです。

 『洗剤で洗うのを最後にもって行こう』・・・私が言うと相方の神田君が怪訝な顔をして・・・『エー、先に洗わないって、一体どうするんですか?』・・・神田君が驚くのは無理もない事です。当時の本部が出しているマニュアルの施工手順には、まず洗剤で汚れを洗浄し、次に施工溶剤を塗布する・・・なんて絶対的な決め事があったんですからね。・・・現在もそうですが、銀行員時代に培った経験則から私は〃絶対〃と〃必ず〃の2つ言葉に信憑性を感じないんです。ましてや歴史の浅い溶剤系滑り止めの世界です。所詮、経験の浅い人達が創作したマニュアルですから参考書としては使えても信憑性などあり得ません。

 ノウハウの開示にはなりますが・・・真面目に滑り止めに取り組んでいる業者さんも大勢いらっしゃると思いますので次回、続けて書きます。

次回へ

 

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ