SUBERANAI BLOG すべらないブログ

安全安心の実現に孤軍奮闘する大手ゼネコンの戦友??

     打てど響かず・・・孤軍奮闘のB氏 その1

 先日、某大手ゼネコンA社の商事部門で商品開発・問題提起を担当されているB氏から一通のメールが入っていました。内容は・・・A社が現在設計仕様にしている磨きのセラミックタイル〃雨の日に老人・子供が滑り転倒を起こすから採用しないようにせよ〃と進言しているがやめようとしない。どうか日本における滑り転倒事故訴訟の実態を詳細に教えて下さい。滑る床を滑らないようにする会社にお願いするのは本末転倒かもしれないが、どうかご理解くださり・・・・・・と言うものです。

 この会社は関西だけでも年間約4,000戸のマンションを建設しています。既に30,000戸以上の床に磨きのセラミックタイルを敷設しているとの事です。・・・確かに磨きのセラミックタイルはB氏が指摘されるように濡れると滑ります。B氏にすれば、未然に滑り転倒事故を防ぎたいのに、何故玄関に、このような滑りやすいタイルを敷設するのか理解に苦しむのです。

 コンプライアンスの観点においてもB氏の思考は決して間違っていません。・・・が、そこがまた難しい部分でもあります。建物には多種多様な思惑が介在します。デザイン・美観・耐久性・機能性・安全性・その他絡む法律も多すぎて私如きにはそのコンセプトの何たるかまでは踏み込めませんが、セラミックタイルをA社が設計仕様として採用したのにも、其れなりの事由があった筈です。私の思惑で軽はずみなアドバイスをするには少々、心苦しい部分はありましたが、私と直接話がしたいと希望されたので翌日、A社に出向くことにしました。

 B氏の出迎えをうけ、午後2時頃A社に到着。手土産に、A社が設計仕様とし採用しているセラミックタイルに、私が開発した専用の溶液で滑り止めを施し一枚持参しました。色合い・光沢ともに殆ど変化していないのでB氏は・・・ん・ん・・・??。見た目だけでは分からないので、取りあえずタイル表面に水をスプレーし、指でゴシゴシ擦っていただきました。・・・『ん・・滑りにくいね』・・・アドバイスをする前に、対策があるって事を示した事でB氏との会話を何かしら和やかな雰囲気の中でスタートする事が出来ました。

 さて話は本題へと入っていきます。まずB氏がA社に対し、どの様に問題提起をしてきたのか、その為に準備してきたデータ・資料を拝見しながら話を伺いました。・・・

次回へ

  

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ