SUBERANAI BLOG すべらないブログ

床の汚れとの格闘篇  その1

 今時の子供達に掃除のイロハを教え込んでいる家庭、学校がどれくらいあるのだろうか?学校での掃除当番があるのは承知しています。・・・が、私が少年であった頃とは様相が違うようです。佐賀県唐津市の田舎育ちのわんぱく坊主であった私ですが、冬でもバケツに雑巾が定番で、教室の中、廊下を当番にあたった同級生と二人並んで競争しながら雑巾掛けをしたものです。家でも同じでしたね。畳を拭いていると雑巾をもっときつく絞れ、拭いた後はカラ拭きせんか、母ちゃんによく怒られたもんです。掃除、清掃についての基本を、しっかり身に付けている筈の私が・・・実は、この掃除、清掃に関る事で滑り止め施工溶剤開発に匹敵するくらい苦労する事になるとは夢にも思いませんでした。大阪のあるスーパー銭湯の滑り止めを施工した時の出来事を事例に記す事にします。1日の利用者が約1200名ですから繁盛しているスーパー銭湯ですね。5年前に温泉が出て、しっかり地元に定着しているようです。現場調査に行きますと、浴場の床は、御影石のバーナー仕上げで、濡れている箇所が鈍く光っていました。裸足で歩いてみると、気持ちが悪くなるほどヌルヌル、ベタベタ感があり、当然ながら滑っています。施設管理者と面談し、日常的なメンテナンス等について尋ねてみました。毎日、契約業者が営業終了後メンテナンスしているし、年に4回は休館日に定期清掃も入れているとの事。〃その割にはえらい汚れとるな 〃と思いつつ現場調査を終えました。数日後、施工日も決まり段取りに入りました。現場は男風呂,女風呂合せて300平米程度です。施工時間は、営業終了後となり、夜の0時~夜明けの5時までの間。5時間と施工時間は十分ですが、如何せん真夜中の施工である事、床が堆積した体脂肪で鈍く光るほど汚れている事等を考慮し、作業人員を通常5名から8名に増員し臨むことにしました。施工当日、始めに濃い目にアルカリ洗剤(PH12レベル)を調整し、2台のポリッシャーで洗浄です。堆積した体脂肪は基本的に酸化していますから、濃いアルカリ洗剤で洗浄している最中は、洗剤と反応し少量ですがアンモニア臭が発生します。ポリッシャーを低速回転に変換し、ゆっくりと洗浄していかないと体脂肪は簡単には落ちません。1時間も過ぎた頃、男子浴場の洗浄が終わり、即刻、女子浴場に移行です。男子浴場は、これから滑り止め溶剤を塗布する作業に入ります。まずは床材のすき間を広げる為の溶剤の塗布からです。(1次溶剤の塗布作業)4~5分経過後床のすき間に残留した物質を溶かす為の溶剤の塗布(2次溶剤の塗布)と作業は続きます。2次作業が終わる頃、女子浴場の洗浄も終わる段取りです。ここまでは予定通り作業は進展しました。・・・が、次の作業工程で発生するとんでもない出来事で、私は悩み苦闘する事になってしまいます。・・・・・・・・・・次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ