SUBERANAI BLOG すべらないブログ

裁判所も悩んで当然?その1

     3年以上も続いた裁判でしたが・・・

 3年前の話です。某テレビ局から私を指名の電話が入ってきました。・・・オレ何も悪い事してないけどなぁ・・・なんて思いつつ電話に出ると、電話口から『助けてほしんですが』と、いきなりSOSを発信されました。

 『実は私、某テレビの報道番組のキャスターをしてまして今、滑り転倒事故裁判を追っかけています。被害者側の立場で報道番組を続けているんですが、現状裁判の流れが被害者不利に傾いています。その大きな理由が、裁判所が呼んだ滑りの専門家による、現場の床の滑りの鑑定にあると考えられるんです。何とかその専門家に対抗できる人がいないか探していたら、ある人から内藤さんをご紹介頂いたもので・・・』

 翌日、そのキャスターが私の事務所に訪れました。そして滑り転倒事故の一部始終から、3年以上も続いている裁判の流れに至るまでを詳細に説明してくれました。・・・要は私に事故現場に行って再鑑定をしてもらう事と、その結果を踏まえ、弁護士と会って私の見解を述べてほしいと言う事です。

 お安いご用?と言いたいところですが、実は困ってしまいました。実は被害者が訴訟している相手と云うのは数年来、滑り止めの営業を重ねている先なんです。ヘタな行動は弊社のロスに繋がります。大変なテーマが飛び込んできたもんだと考え込んでしまいましたよ。・・・ホント・・・

 事情を話して当然の如くお断りしたら、このキャスター殺し文句を言うんです。・・・『あなたには正義はないんですか。』・・・ホンマに嫌な奴やなぁ

 ビジネスの世界は、利益に繋がる事が正義だ!!と・・・喉元まで出て来たんですが・・・言えませんでした。・・・人助けが金儲けに繋がらない事を経験上、誰よりも人一倍承知している私?なんですが〃正義がないのか〃の一言で、・・・ヽ( )`ε´( )ノ『判ったやりましょう』(u_u。)・・・てな訳で被害者の為、微力を尽くす事になってしまいました。

 うまくやられたなって感はありますが、・・・次回から具体的な展開の流れを書いていこうと思います。

次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ