SUBERANAI BLOG すべらないブログ

現代は第3の情報鎖国???

      こんな難しいの出来るか??その1

 先日、東京の弟子が面白い事を言ってきたので少し書いてみます。社用で、大手石材会社S社に出向いた折の話です。

 『Mさん最近、防滑の仕事やりだしたんだってね。』・・・弟子のMさんは『はい。関西を拠点にしている大阪セーフティの下で始めました。』・・・S社の責任者は『大阪セーフティ?聞いた事ないなぁ。大丈夫かいな。』・・・立て続けにS社の管理者が・・・『今まで、かなりの数の会社が営業にきたけど、何処も同じようなレベルだよ。特に磨きの石なんかは、光沢や色合いが変化してしまうし、業者自体もかなり神経使って作業している割には、弊社が納得するレベルに仕上がらないのよね。』・・・

 Mさんは石材の販売施工を業としています。以前、初めての研修の折に、数種類の磨きの石を持参し、私にサンプルテストさせた経緯があります。もちろんMさんの面前で溶剤を全ての石材毎に調整し、テストしました。全てのサンプルの光沢・色合いを維持しつつ滑りを止めるって言う、Mさんにとっては摩訶不思議なテストでしたが・・・納得し、感激したMさんでした。

 自信満々で大阪セーフティの開発能力と、ハードルの高さをS社にアピールしたものの・・・伝わらない。理解されない。理解しようともしない現実を突きつけられたんです。5~6年もの間、関東に進出した類似の業者さんによる刷り込み(インプリント)が、S社の探究心を封鎖し、それ以上の存在を知ろうとしない、言わば閉ざされた情報の現実があるのです。

 S社の責任者がおもむろに・・・『Mさん、今まで来た全ての業者が挑戦し、玉砕した石材があるんだけどね。駄目(出来ない)だとは思うけど挑戦してみる?』・・・そう言って部下に嘲笑しながら指示し、持ってこさせたのが、磨きの山西黒とギャラクシー(共に花崗岩)です。・・・『この2種類で私を納得させられたら、これからのS社の防滑の仕事、全部Mさんにやってもらうよ。』

 内藤の独り言

 知らないと言うのは大口をも招くんですね。本当に仕事出してくれるんでしょうかね。?・・そんなもん10年も前に出来てるワイ。・・現代社会は、まさに第3の情報鎖国時代?なのかもしれませんね。①徳川家光②2次大戦③現代となりますが、①の時代であっても、自国防衛の意味において他国の情報は不可欠です。従って、唯一開港した長崎の出島には、常に斬新な情報があり、それを求めて集まった全国のツワモノを育んでいきました。言わば情報に最も飢えていた時代だったのです。②の時代は最悪な時代です。軍部により情報閉鎖され、国民は正しい情報を得る手段を閉ざされました。しかしながら短波は止める事は出来ません。終戦は短波で情報を得ていた昭和天皇の決断だったと言う説もあります。③の現代は、①・② とは全く正反対。情報過多が原因で、正しい情報が見つけにくいのです。パソコンを操っている筈が、パソコンに振り回されて、いつでも簡単に得られる情報に真実を見出せず・・・・いずれにせよ、正しい情報を得る為には、いつの時代においても、其れなりの努力が必要であるって事です。

 さてS社の有難い?申し出に、Mさんのとった行動は・・・・

次回へ

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ