SUBERANAI BLOG すべらないブログ

銭湯・・・大好きです

        大衆浴場の思い出 その1

 私は銭湯が大好きです。月に1~2回は銭湯に足を運びます。少年時代(10歳くらいまで)は銭湯に行くのが日課でした。家に風呂が無かったんですよ。あの時代は、それが普通の生活慣習だったんです。円形の浴槽を弟と一緒に、一方方向にグルグル回ると大きな渦が出来ます。その渦に二人で浮かんでよく遊んだものです。同級生ともよく顔を合わせました。オッチャン達の世間話に耳を傾けたり、顔馴染みのオッチャン達に声かけられ話をしたり、今流に言うと老若関係なしのコミュニケーション場であったのです。裸の付き合いってやつですよ。親子連れって言うのも普通で、親子の最高のコミュニケーションの場でもあったんですね。・・・特に湯上りの後に飲んだヨーグルトとラムネは旨かったなぁ。

 家に石炭炊きの木樽の風呂が出来てからは、銭湯との縁も薄れていきました。たまに石炭がきれてたりした時に、銭湯に行くんですが、懐かしい顔が『オッ久しぶりやなぁ』なんて声かけてきます。なんかしら、嬉しかったですね。私が釣りキチになった原点もここにあります。どこで何を釣ったとか、いま魚市場岸でアジがよく釣れているとか、夢多き情報が飛び交うのです。俺も釣ってみたいって思ったんですね。・・・それから40年、まだシッカリとハマッテています。

 最近、スーパー銭湯にも時折は行ってますが、私的には俗に大衆浴場と呼ばれる銭湯が好きです。今は余り見かけませんが、浴場の壁には何処へ行っても、モザイクタイルで富士山が描かれていましたね。・・・家の風呂で大人になった親子が一緒に入れますか?ウチの親父が生きていたら、銭湯に連れて行って背中を流してやりたいと思う事もあります。昔、幾度かやらされましたが、そのたび親父の顔には、いつも満面の笑みがありました。

 不景気で世知が無い時代です。せめて大きな浴槽でゆっくりと湯につかり、爽快な気分で一日を終えたい・・・なんチャッテネ。

     ・・・・大衆浴場大好き実行委員会・・・ 

次回へ

 

 

 

 

この記事を書いた人

内藤 憲道

内藤 憲道

多種多様の床材や状態に合わせて滑り止め溶剤を調剤し、美観をまったく損なわずに滑り止め効果をつくる防滑のエキスパート。溶剤系滑り止めでは、業界の第一人者。全国で活躍する防滑業者の多くは、内藤の理論がベースになっているとかいないとか。メンテナンス業界では防滑に限らず床材のドクター(研究者)として知られ、大手ゼネコン、タイルメーカーはもちろん、同業者から現場相談を受けるなど、(一部では)圧倒的な信頼を得ている。

コメントを残す

まずは
現場相談と無料デモ
試してみませんか?

当社の「現場相談」とは「現場検証」と思っていただいたほうが分かりやすいです。

滑りは単純なものでなく、床材、仕上げ、利用シーンなどさまざまな要因が絡みます。それらを客観的にプロの眼で確認することで、今なにが起こっているのか?を正確に把握できます。それらを認識せずに対策を行うと滑り止めはもちろん、美観維持にも支障が生まれます。

「現場相談」と「無料デモ」を組み合わせることで、

  • 滑りの原因の特定
  • 化学的な観点での納得の説明
  • その現場で有効な対策方法のアドバイス
  • 適正な溶剤や施工方法によるデモ作業

などを受けていただくことができ、ほとんどの方は当社のデモ作業の結果に驚かれます。

原因と対策が分かれば、問題の多くは解決します。もし、他業者で施工した床が滑り出した、滑りは止まったが美観が損なわれた、お客様の転倒でクレームが発生し対策を打ちたい、などの課題をお持ちなら、一度ご相談ください。全国対応可能ですよ。

お問い合わせ